浄瑠璃寺を使用した俳句

浄瑠璃寺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

浄瑠璃寺を含む俳句例

九体仏親猫仔猫とほりけり/細川加賀

浄瑠璃寺まで蝗跳ぶ小六月/黒田杏子

草花を天女に供へ浄瑠璃寺/近藤紀子

薄氷の池の翳りや浄瑠璃寺/面地豊子

鶏に花降りつもる浄瑠璃寺/宮坂静生

昼砧ゆかしかりける浄瑠璃寺/中村三山

枯蓮に昼の月あり浄瑠璃寺/松尾いはほ

柿たわわ浄瑠璃寺道細りけり/近藤一鴻

水草生ふ野川の涯や浄瑠璃寺/宮坂静生

浄瑠璃寺道とぞ露の道しるべ/岡本春人

浄瑠璃寺門前市に購ふ冬菜/猿渡たつ子

草の餅浄瑠璃寺門に届きけり/松山足羽

裏白のひと荷の婆や浄瑠璃寺/宮坂静生

正月の雲のももいろ浄瑠璃寺/上野さち子

浄瑠璃寺までの馬酔木の咲ける道/林大馬

浄瑠璃寺巨きな蚊帳の中にあり/攝津幸彦

うすらひをつつつつと鶸浄瑠璃寺/高澤良一

浄瑠璃寺こたびも柿の頃を訪ひ/流郷美都子

浄瑠璃寺すがしやすでに田植かな/澤田緑生

行く秋の雨もゆかしや浄瑠璃寺/大島けさえ

俳句例:21句目~

豊作の稲の香浄瑠璃寺に入りても/大野林火

馬酔木より低き門なり浄瑠璃寺/水原秋櫻子

うぐひすのこゑのしめりや浄瑠璃寺/藤田直子

秋しぐれいたくな降りそ浄瑠璃寺/伊丹三樹彦

タイトルとURLをコピーしました