老樹を使用した俳句

老樹に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

老樹を含む俳句例

ふか~と創ある老樹狐罠/花田春兆

老樹枝たれて行道暗し閑古鳥/五律

一老樹這枝茂リテ下ニ茶店/正岡子規

秋思わが老樹の肌をかい撫でて/風生

ぱつぱつと紅梅老樹花咲ける/飯田蛇笏

家々に寒暮を頒ちゐる老樹/福田甲子雄

秋風のこもれば老樹父のごとし/かけい

茶の老樹咲き下りたる七曲り/横光利一

葉もなくて櫟の老樹花満てり/飯田蛇笏

那珂川やこゝにも老樹梅ありて/及川貞

隆として柏槙老樹虚子忌かな/高澤良一

初みくじ梛の老樹に実のありて/中尾孝子

夜桜と照らし出されて一老樹/小島千架子

早稲の香や老樹の柘榴垣に垂り/飯田蛇笏

晝の月ありて老樹や木の芽晴/高田風人子

欅老樹に瘤わだかまる蜘蛛太鼓/巌谷小波

老樹なり独樹なり又新樹なり/相生垣瓜人

はげしく傾ぎたる白梅の一老樹/上野さち子

桑の実の葉うらまばらに老樹かな/飯田蛇笏

紅梅の老樹うるほふ風雨かな/長谷川かな女

俳句例:21句目~

花梨老樹に赤児抱きつく家郷かな/金子兜太

かりん老樹に赤児抱きつく家郷かな/金子兜太

枯くわりん老樹とことん冷えにけり/高澤良一

かはせみに蔦をよそはぬ老樹なく/竹下しづの女

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました