看取を使用した俳句

看取に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

看取を含む俳句例

白靴の汚れ通ひの看取妻/鈴木子

看取る者同志の話秋団扇/辻井のぶ

春着着る心も少し看取妻/稲畑汀子

春著着る心も少し看取妻/稲畑汀子

露の息戻るを信じつつ看取る/安原葉

九十の母を看取りし茶立虫/中島ふき

人の末看取る縁や後の月/今泉三重子

初桜長き看取りを幸とせむ/中島京子

汗のもの山と洗うて看取妻/山田不染

寒紅に疲れを隠し看取妻/飯田波津恵

明易し看取女おのが髪を梳く/森田峠

鳥帰る看取り二十日の仏かな/溝口昭二

母看取る夜は冬芽と呼吸して/小林みさ

そばに居ることが看取りよ明易し/汀子

障子閉め切り終焉の母看取る/渡辺二郎

長き夜を看取るも旅の縁なる/山田弘子

長き夜の街の灯見つゝ看取妻/稲畑汀子

看取る掌の熱さ嫌はれ明易し/嶋田麻紀

看取る身の命あまさず枯木星/青山久女

蒼穹に花桐うする看取りの窓/渡部一陽

俳句例:21句目~

花の雨看取りの椅子を窓に寄す/高山檀

花の訃をききゐて吾も看取妻/稲畑汀子

日々通ふ看取の道も恵方かな/橋本榮治

更衣まだし給はず看取る母/冨田みのる

老妻を看取る朝寒そゞろ寒/鈴木洋々子

看取居の膝にやせゆく毛糸玉/鈴木文子

この人を看取ると決めし春の雪/石山一子

冬隣癒ゆるめどなき姉看取る/阿部美恵子

囀や病むも看取るも眠りゐて/藤井寿江子

夜濯の音を落して看取りかな/畠山えつ子

寒暁の椅子寝の父に看取らるる/朝倉和江

明日知れぬ命を看取る松の内/増田すみ子

水無月の夜の明るさや父看取る/大石悦子

湯気立てることも忘れず看取妻/鈴木蘆洲

看取より解かれし冬を淋しめり/稲畑汀子

看取らるる重き月日や夏も過ぎ/伊東宏晃

看取りゐて桃の節句を忘れゐし/川口咲子

看取る日の目鼻が欲しき紙雛/蓬田紀枝子

鍵かけていづる看取りや竜の玉/帰山綾子

看取りより解かれし冬を淋しめり/稲畑汀子

俳句例:41句目~

看取りより解かれし蚊帳の別れかな/手塚金

看取りにも平穏の日々小鳥来る/田中あかね

看取り寒し笑ひは胸にきてとまる/石原八束

看取り抜け来て花人になりきれず/小倉通子

看取り来て夜更けの濯ぎ妻のもの/大友龍子

看取る夜の風に乗り来る盆の唄/下地/慧子

看取る夜や埋火のごと母と寝て/磯崎ゆきこ

看取る手を休めて聞けり祭り笛/中島美都里

百日紅日に日に散るを看取るごと/高澤良一

看取りにも終る日のあり秋夕焼/今井千鶴子

白鳥帰る長き看取りの窓辺かな/亀掛川永子

病む児より看取りの母の夏やせて/飯田弘子

笑みかへすのみの看取りや春寒く/西村和子

手負ひ鳥看取りし後の涼なるか/鳥居おさむ

菩薩と夜叉こもごも看取り明易し/木村ふく

銀河幾夜母の看取りに明け暮れし/宮坂静生

夕顔に看取り明りのおよびをり/藤井寿江子

スエタ著て妻を看取れる老教授/神前あや子

ひそやかに夜食をとりて看取妻/副島いみ子

鳥帰る終の看取りとなりし日に/佐々木経子

俳句例:61句目~

看取る手と看取らるる手や春さそふ/中島京子

看取る者看取られる者ちちろ鳴く/阿部美恵子

母の日も母さえ呼べぬ子を看取る/高橋富久江

木の実降る音にも覚めて母看取る/勝山/耕南

手袋を脱ぐより看取りごころなる/柴田慧美子

看取りの灯暗くせしとき露けしや/石井とし夫

シャボン玉吹いて看取りを忘れをる/山口幸子

雪解川ふたつ越えゆき看取るかな/谷口亜岐夫

日々看取るいのちうれしく日記買ふ/植村やよひ

うすばかげろふ昼は看取りの者もたぬ/寺田京子

タイトルとURLをコピーしました