昼深しを使用した俳句

昼深しに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

昼深しを含む俳句例

昼深く東司の窓の白躑躅/瀧春一

枯柳条々として昼深し/日野草城

萍に鎌倉の昼深きかな/高澤良一

昼深き太藺の水の曇かな/木村蕪城

昼深き椿の幹のかたつむり/上田操

昼深しあまたいびつに蓬餅/辻桃子

昼深し飛燕のあとの水の香も/子郷

蝿虎の一尺跳んで昼深し/橋本榮治

山葵田の黒き日除の昼深し/清水白郎

昼深きネオンの骸にしぐれゐる/篠原

矢車の鳴りて砂丘の昼深し/吉田素直

秋の水摺り魚見えて昼深し/内藤吐天

色水着干す女子寮の昼深し/清水基吉

金盞花いよいよ金に昼深し/田村木国

昼深きからだにうつる秋の滝/永末恵子

昼深き日射に薔薇の疲れ見ゆ/細江大寒

昼深く元日の下駄おろすなり/千葉皓史

昼深く野霞屋根に寄せゐけり/臼田亞浪

窓が開いてをる大根畑昼深し/瀧井孝作

蜂の発つ行方を追へる昼深し/高澤良一

俳句例:21句目~

蹴羽子の児に昼深き古檣あり/西村公鳳

のうぜんかずらは昼深し銭の音/和知喜八

味噌焚きの榾のくづるる昼深し/木村蕪城

昼深し身に飼ふ梟の又啼くも/河原枇杷男

昼深く生ける白魚をすすり食ぶ/五所平之助

鵞を追うて鵞にならうよ新樹昼深き/中島月笠

タイトルとURLをコピーしました