牧舎を使用した俳句

牧舎に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

牧舎を含む俳句例

山鳩よ梅雨の牧舎の煙出/宮坂静生

郭公や牧舎に朝の集乳車/鈴木由江

吹雪止み真夜月明の聖牧舎/岡田日郎

妻の里の牧舎の脇の蕨摘む/芦沢一醒

山鳩が鳴いて牧舎の秋深し/高濱年尾

幌延の朽ちし牧舎や秋時雨/大内和憲

年始客孕み羊の牧舎覗く/千田あき子

草の絮牧舎の藁へ陽の移り/山尾玉藻

またたくは待降節の牧舎の灯/大島民郎

冬晴のラヂオを放つ牧舎かな/高橋馬相

燕去ぬ牧舎にあまた巣を残し/伊東宏晃

薬草を乾して牧舎の百合咲けり/及川貞

雪原に灯して牧舎年を守る/金箱戈止夫

クローバの丘の上なる牧舎かな/野村泊月

刺を通ず間を牧舎より蝶飛来/平井さち子

夜鷹鳴き牧舎をひたす梅雨の闇/相馬遷子

山椒喰牧舎をめぐる草長けて/大下きく子

街うらに花野がありて牧舎あり/高濱年尾

野の牧舎草嚥み熄まぬ夏は来ぬ/堀口星眠

亀鳴いて牧舎出たがる牛の鳴く/岩鼻十三女

俳句例:21句目~

牧舎より四方の起伏の花ぐもり/長谷川素逝

梅雨稚きからたちの実や牧舎にほふ/相馬遷子

霧の夜のひとつ灯さげて牧舎出づ/石橋辰之助

タイトルとURLをコピーしました