インクを使用した俳句

インクに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

インクを含む俳句例

夕刊のインクの中の福禄寿/曾根毅

春愁や薬臭に似し青インク/土生重次

春昼のわたしは古いインク壺/山口剛

熱帯夜万年筆のインク漏れ/柴田奈美

秋思やや水に一滴青インク/河野弓子

インク壜淡く蜘蛛の死遠からぬ/金子晉

インク消もちひし文や鷽の鳥/石川桂郎

五月来る夜空の色のインク壺/成田千空

寒光や貧棒日記インクのしみ/細谷源二

春は何か遠くてインクすぐ滲む/岡本眸

朧夜や青いインクで手紙書く/大坪芙美子

雪の夜のインク瓶より海の音/高野ムツオ

インク乾くごとく人去る鵙の秋/四ツ谷/龍

インク壺舐めたる蠅が飛びめぐる/右城暮石

壷白くインクは冬の灯を吸へる/富澤赤黄男

少女かなし肘にインクをつけて夏/岸風三楼

梅雨寒やインクは碧と決めている/川崎洋子

爪深くインク浸みをり多喜二の忌/鈴木智子

暑中見舞阿諛もて書きしインク滲み/大野悠子

秋の夜やインク足したるインク壺/鈴木真砂女

俳句例:21句目~

長き長きインクリボンや銀河まで/正木ゆう子

まいにち雨なすびの色のインク欲し/正木ゆう子

コンクリートにインク乾ける五月憂し/上野さち子

手さぐりてインク匂へる霜夜かな/『定本石橋秀野句文集』

タイトルとURLをコピーしました