暮色を使用した俳句

暮色に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

暮色を含む俳句例

林中の暮色にまぎれ花楝/樋笠文

柳鮠土橋の下の暮色かな/上村占

茶の花の蘂の雨粒暮色めく/林火

抽斗に樹林の暮色冬の雷/中島斌雄

東山いく重の暮色水を打つ/村田脩

硝子吹く暮色の火玉蜜柑色/三谷昭

寒星や暮色が海を押しせばめ/林翔

水仙や暮色漂ふて鯉動く/飯田蛇笏

暮色より暮色が攫ふ採氷馬/齋藤玄

露草のまはりの暮色后陵/長谷川双

初蝶や暮坂峠暮色いま/水原秋櫻子

電線の雨滴暮色に沈む妻/大井雅人

波音の暮色まとへり袋掛/西村博子

心貧し冬田は昼も暮色満つ/有働亨

青饅や暮色重なりゆく故山/加藤燕雨

あぢさゐの暮色股間を重くせり/原裕

駅までに秋の暮色に追ひ抜かる/誓子

鶲見しあとの暮色に人帰す/横山房子

存在の吾亦紅より野の暮色/稲畑汀子

寒雀暮色ふりきる翅音せり/村越化石

俳句例:21句目~

鹿去りて暮色暮風の寺の秋/椎橋清翠

氷上の雲の暮色の崩れざま/古館曹人

河童忌や暮色の田端三丁目/石原素子

洛北の暮色をたたへ苔の花/長谷川双

湿原に暮色を誘ひ吾亦紅/小池龍渓子

廻礼を一つ余せし暮色かな/武内夕彦

獅子舞に山の手暮色雪ふり出す/風生

白梅の薄紅梅の暮色かな/片山由美子

真菰野の暮色が隔つ字二つ/山口草堂

一湾に暮色ただよふ懸煙草/渡会昌広

中坪の早き暮色や散紅葉/野村多賀子

紅芙蓉暮色裏山より落ち来/石原八束

冬すでに暮色の中の杉丸太/関戸靖子

葱引くや颪の中にある暮色/野村喜舟

蜻蛉の静止の翅に透く暮色/横山房子

迂回兵の出没柿の暮色かな/久米正雄

朝より暮色の障子蟇鳴ける/山口草堂

東京の暮色を好むかいつぶり/橋本修

霰来て喪の元日の暮色急/下村ひろし

青葉木菟暮色に沈む最上川/竹村隆雄

俳句例:41句目~

枯蓮の池に横たふ暮色かな/高浜虚子

籾殻火千曲の暮色にはかなり/皆川白陀

蘭の花暮色の冷えにゐて匂ふ/磯野虎雄

蓮根掘地より暮色を引きいだす/有働亨

かたまりて暮色となりし涼み舟/桂信子

氷上に鳶とまりをる暮色かな/木村蕪城

黒松の暮色のなかの端午かな/中山純子

でで虫の涙にありし暮色かな/岩崎宏介

雪嶺と暮色のあひを風吹けり/長谷川双

鉄塔の暮色にしづむ寒さかな/小峰松江

水甕に雪降りつのる暮色かな/近藤一鴻

わかさぎを薄味に煮て暮色くる/桂信子

わかさぎを薄味に煮て暮色くる/桂信子

暮色もて人とつながる坂二月/野沢節子

暮色より足を引きぬく田草取/中村翠湖

冬かもめ波の牙のみ暮色溜め/河野南畦

照鷽や杉の暮色のとどこほり/鈴木太郎

氷上の一児ふくいくたる暮色/飯田龍太

辛夷散り暮色流るる胸の中/小松崎爽青

菜の花や暮色蹴散らす岬の波/成田千空

俳句例:61句目~

白鳥に到る暮色を見とどけし/細見綾子

深大寺暮色俄かや齋のあと/下村ひろし

大屋根を暮色下りくる紫木蓮/西村旅翠

大年の暮色も拭ひ難くなる/相生垣瓜人

大白く刈田の暮色抜けきたり/宮津昭彦

貨車の背の遠ざかるまで冬暮色/三谷昭

街頭にはじまる暮色雪もよひ/中原歌子

寒雁の翅に暮色は重からずや/大野林火

寒鮒の尾が地を叩く暮色かな/斎藤梅子

花柘榴すでに障子の暮色かな/加藤楸邨

独楽競ふ子に境内の暮色かな/坂口麻呂

霧来れば暮色のごとし雪の層/栗生純夫

甘柿の方へ暮色の濃き葬り/神尾久美子

鴨渡る暮色はずいと沼の上/小檜山繁子

白鳥に到る暮色を見とどけし/細見綾子

泥鰌掘りの暮色の顔に見送らる/大野林火

ラガー等の土の色はや暮色帯ぶ/宮坂静生

冬の菊暮色に流れあるごとし/上田五千石

冷し馬暮色のなかに眼をひらく/松澤鍬江

初しぐれ峡の暮色を急かせけり/高橋利雄

俳句例:81句目~

友さきに風邪声に海の暮色言ふ/宮津昭彦

墓囲ふ藁にしぐるる暮色かな/門前弓弦子

山を見てちらつく暮色あたたかし/松澤昭

干す網に暮色もつるる霾ぐもり/高橋好温

曼珠沙華咲ける限りの暮色澄む/内藤吐天

枯芦暮色音すべて消ゆ刻のあり/川村紫陽

椎さやぎことに栗咲く暮色かな/小林康治

樹肌わたる蟻にはやある暮色かな/原石鼎

橇の子に暮色三人は淋しき数/千代田葛彦

秋茄子の暮色にまかす黒びかり/藤岡筑邨

猟銃音渓をさまよふ暮色かな/石田阿畏子

紙漉女水の暮色をしたたらす/ほんだゆき

花茣蓙の花の暮色を座して待つ/福永耕二

落葉掃く京の暮色をまとひつゝ/清水忠彦

薔薇白し暮色といふに染りつつ/後藤夜半

通夜にすこし早く来すぎて葱暮色/登四郎

鈍痛を訴える河口暮色も尽き/林田紀音夫

鈴虫にいくらも降らず暮色なる/目迫秩父

雲暮色影絵のごとく子等遊び/内久根眞也

アイヌかなし秋の暮色を茣蓙に織り/林翔

タイトルとURLをコピーしました