銃眼を使用した俳句

銃眼に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

銃眼を含む俳句例

寒雀銃眼覗くことをする/山田弘子

石垣にいまも銃眼苔の花/中村圭作

銃眼を感ず動かぬ枯林/殿村莵絲子

のろ鹿をねらう銃眼雪降れり/原吐夢

天守閣銃眼秋の風抜けし/小川濤美子

銃眼にヨット近づく萩城址/大島民郎

銃眼に夜雲は白き肢體なす/横山白虹

銃眼に見えて番ひの浮寝鴨/出口孤城

銃眼を残して生ふる蓬かな/横光利一

銃眼を覗けばありぬ秋の海/福田蓼汀

高知城銃眼にさす冬日かな/森山光子

花の宴銃眼に置く缶ビール/山口超心鬼

銃眼に更けては狙ふ夏天の星/横山白虹

銃眼に蒙古の枯野あるばかり/原田青児

銃眼にさくらひしめく子規の郷/吉野義子

銃眼にねらわれて座す籐の椅子/対馬康子

銃眼に冬きてをりぬ阿部城下/多田みちよ

銃眼のひらく菜の花盛りかな/海老根紫西

銃眼を覗くや美濃の霾ぐもり/大矢美代子

銃眼によれば白鷺とほくとべる/富澤赤黄男

俳句例:21句目~

銃眼にオリオンベルト撃ちおとす/横山白虹

銃眼に夏の終りの猫坐る/南雲愁子「空耳」

銃眼をパラソルひとつ過ぎゆけり/松内佳子

黄土地帯吹雪き銃眼にもふぶく/谷道登志枝

岸に銃眼うかびころべば射たれる未来/阿部完市

銃眼の視野ことごとく風邪流行る/野見山ひふみ

タイトルとURLをコピーしました