碧虚を使用した俳句

碧虚に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

碧虚を含む俳句例

碧空に山充満す旱川/飯田龍太

栴檀の実を碧空に冬休/森田峡生

短日の碧空たたく揚花火/石原舟月

碧空に山するどくて雛祭/飯田龍太

碧空に消ゆる雲あり夏蕨/岡田日郎

碧空に鋭声つづりてゆく鳥よ/篠原

碧空に冬木しはぶくこともせず/篠原

藪入の碧空の凧澄めるかな/原田種茅

裸木の碧空頼むけしきかな/臼田亜浪

鉄骨の碧空ふかく鋲をうつ/細谷源二

雑沓を出て碧空の寒さかな/中島月笠

露の父碧空に齢いぶかしむ/飯田龍太

一塊の碧空実梅太らする/阿部みどり女

大根を抱き碧空を見てゆけり/飯田龍太

真二つに碧空割れん菊の花/佐野青陽人

碧空に濡れ訪ね来る荷物かな/攝津幸彦

碧空へつづく山家の白障子/角田宗実子

碧空やわれに束の間てんと虫/金子皆子

囀りや卒塔婆と杉の碧空に/阿部みどり女

岩ひばり日輪碧空の中に小さし/岡田日郎

俳句例:21句目~

操縦士撃たれ碧空に身をもめる/細谷源二

日もすがら碧空を恋ひ石蕗の花/飯田龍太

碧空に振れども鳴らず釣鐘草/西村碧雲子

碧空に支那の子父を撃たれたり/細谷源二

また産まれしか碧空に幸福の歔欷/江里昭彦

碧空に命とりあふまたたきをせず/細谷源二

碧空の下にあり四方に落花降る/池内友次郎

タイトルとURLをコピーしました