ろうかんを使用した俳句

ろうかんに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ろうかんを含む俳句例

ろうかんの簷の葡萄に寿/木村蕪城

紀ノ川もまたろうかんや竹の秋/実

ろうかんの竹春雨の樋となりぬ/青邨

朝靄にろうかん曇る今年竹/木村蕪城

ろうかんの泉を鳴らす大柄杓/巌谷小波

ろうかんの湖芯へ引けり花筏/中村石秋

ろうかんの竹の四つ手の白網/舘野翔鶴

ろうかんの竹筍を白く生む/粟津松彩子

ろうかんや一月沼の横たはり/石田波郷

十月のろうかん湖や少女過ぐ/巌谷小波

春夕焼水のろうかん利根の凪/古市絵未

海水浴ろうかん色の深きとこ/井出寒子

滴りのろうかんを踏むほとけかな/鴻司

ろうかんの潮あびては巌冴ゆる/加藤耕子

ろうかんの空より来たり夜の秋/高野途上

ろうかんの竹に影して蟻のぼる/内藤吐天

ろうかんをくだく白波石蕗の崖/石原八束

恵那峡にろうかんの水小鳥来る/伊藤敬子

日輪に飛ぶろうかんの千鳥かな/川端茅舎

秋の灯のろうかんは色深めたり/藤木倶子

俳句例:21句目~

ろうかんのごとく山ある大暑かな/安東次男

ろうかんの竹ろうかんの露の玉/西村千鶴枝

ろうかんや夏の日射しの砕け散り/藤松遊子

かなかなや一ろうかんの山上湖/山下知津子

若竹のろうかん苔に立ちならぶ/水原秋櫻子

青柿のろうかんたるや活けてあり/野村喜舟

タイトルとURLをコピーしました