朱ケを使用した俳句

朱ケに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

朱ケを含む俳句例

潰えたる朱ヶの廂や乙鳥/篠原

立春大吉朱ヶの大木/河野静雲

仲見世の裏側の朱ヶ春の雪/毛塚静枝

各の朱ヶの箸さへ花見かな/尾崎迷堂

朱ヶの月出て夏草の鋭さよ/川端茅舎

秋燕妖しき朱ヶを頬にせり/飯田蛇笏

人絹の鳥追笠の朱ヶの紐/竹下しづの女

柿の朱ケ身に沁む髪膚衰ふに/佐野美智

神さびや冬山縫へる朱ケの垣/西山泊雲

蝸牛虹は朱ケのみのこしけり/大野林火

閻王の朱ケの隈どる灯影かな/河野静雲

大年や鳥居の朱ヶも靄の中/久保田万太郎

春没日とぼしき朱ケを金田に/石田あき子

水音を越えて仙翁朱ヶひとつ/文挟夫佐恵

短日や大提灯の朱ヶのいろ/久保田万太郎

芹汁や朱ヶ古りたれどめをと膳/飯田蛇笏

苗代やほとりに朱ヶの宮居なく/尾崎迷堂

鰭さきの朱ヶほのかなる秋の鮎/飯田蛇笏

まなじりの朱ケのあはれや流し雛/中村苑子

万緑や御座船の朱ケゆるぎ無く/岡本差知子

俳句例:21句目~

駈けあがる朱ヶもて虹の全うす/中戸川朝人

鬼灯の朱ヶなつかしや避暑戻り/高橋淡路女

国土泰くこころにしみる野火の朱ヶ/飯田蛇笏

牡丹の朱躑躅の朱ヶを寄せつけず/稲垣きくの

ぎんねずに朱ケのさばしるねこやなぎ/飯田蛇笏

まんじゅさげその朱ケ飛んで宇佐八幡/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました