女声を使用した俳句

女声に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

女声を含む俳句例

秋冷の堂の裏ゆく女ごゑ/原裕

鳥追や笠のぞかるる女声/亀兮

待宵の芒になびく女声/西村公鳳

白のころを渚の女ごゑ/鈴木鷹夫

競べ馬女声する男かな/米沢恵子

はるかより鴎の女ごゑ西行忌/澄雄

子を叱りゐる夕凍みの女ごゑ/南草

秋の蝶二階に庭に女ごゑ/松村蒼石

織殿の霜夜も更けぬ女声/黒柳召波

薯蔓の攀れば昇る女声/鳥居美智子

蝌蚪の水少年のなほ女声/辻田克巳

元日や夜に入りしより女声/藤野古白

小夜時雨芝居かへりの女声/中川四明

星月夜むじな湯へ行く女声/毛塚静枝

紅梅にもつとも近く女ごゑ/高澤良一

絵扇や鼻にぬけたる女ごゑ/藤田湘子

餅搗けり男声呟き女声弾け/加藤楸邨

夜の屋根に女声わき雪おろし/加藤楸邨

女声こもりかげろふのぼり窯/石原八束

檜枝岐雪の下より女声して/大森久慈夫

俳句例:21句目~

滝不動女声の祈願萌えきざす/河野南畦

焼いも屋テープで流す女声/大塚とめ子

ひぐらしは女ごゑ神の木恍惚と/渡辺恭子

サイネリア女声十色にこぼれけり/関清子

鬼やらふこゑ低めても女ごゑ/石田あき子

秋刀競る渦に女声の切れつぱし/橋本多佳子

花野よりころころころと女ごゑ/文挟夫佐恵

霧の車窓を広島走せ過ぐ女声を挙げ/金子兜太

タイトルとURLをコピーしました