味噌蔵を使用した俳句

味噌蔵に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

味噌蔵を含む俳句例

味噌蔵に一塊の雪まろび入り/目

味噌蔵に朝の暗がり桜咲く/瀧春樹

味噌蔵の三十石樽春の闇/築山喬子

味噌蔵の暗き口より雪蛍/青山雪生

味噌蔵の男柱も花の冷/岡部名保子

味噌倉の一つ一つを掃納む/水田清子

味噌倉の鍵あづかるや冬籠/会津八一

味噌蔵の真闇八十八夜来る/西川織子

大樋焼買ふや味噌蔵町の秋/南秋草子

著莪の雨味噌倉朽ちし大構/湯川道子

しんと日の射す味噌蔵の蟻地獄/最東峰

味噌倉に稲妻はしる丹波口/大森井栖女

味噌蔵の中あたたかし神無月/橋本榮治

味噌蔵の土戸の重き夜寒かな/田中冬二

味噌蔵を出て春雪と思ひけり/折井紀衣

日盛りの味噌蔵に蝶紛れ込み/嶋崎茂子

味噌倉に味噌つぶやけり十三夜/平賀扶人

味噌倉の蔭に身を置く炎暑かな/渡部きん

味噌蔵にみそ玉眠る花あやめ/瀧/登喜子

味噌蔵に消ゆるちちはは葱坊主/佐川広治

俳句例:21句目~

味噌蔵の土間の湿りや残る虫/内山由美子

味噌蔵の奥から昏るる冬至かな/菊地孜乃

味噌蔵も雨に沈みぬ猫じやらし/田中水桜

花あんず味噌倉の扉の閉め忘れ/草間時彦

味噌蔵に蝶の入りたるままなりし/岡本高明

味噌蔵の棟のつづきの麦あをむ/伊藤いと子

母の忌や味噌蔵に跳ぶかまどむし/佐藤陸子

タイトルとURLをコピーしました