僧侶を使用した俳句

僧侶に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

僧侶を含む俳句例

夏霧の中より黒い僧侶達/石井哲夫

桃咲くや一途に歩く青僧侶/穴井太

汗垂れて乾き渺たる一僧侶/斎藤玄

石橋を寒の僧侶の渡りけり/石嶌岳

往生の狢をかこむ僧侶かな/石田勝彦

月あれば谷底ひろし青僧侶/金子兜太

望の夜の僧侶十二に十二管/後藤綾子

石蕗咲くや僧侶の妻も手内職/瀧春一

高原驟雨真鯉のような青僧侶/穴井太

麦の秋僧侶の影が野を覆い/徳弘/純

乞食と僧侶をへだつ薔薇の門/藤田湘子

百八燈火照りは橋の僧侶にも/成島淑子

睡蓮や僧侶はうすき膜である/安井浩司

草若葉正座の犬の僧侶めく/古屋恵美子

萱山を僧侶山とふ気に入りし/後藤綾子

裂けた木に僧侶と鮒が宙吊りに/須藤徹

雪の遠近けむり僧侶の黒進む/伊丹公子

鴉の子僧侶の墓にきて遊ぶ/坂本登美子

並び誦す僧侶の耳へ木の芽風/岩淵喜代子

僧侶来て大根焚をねぎらへり/生松美代子

俳句例:21句目~

日盛りのくらき渡舟に僧侶の子/長谷川双

田草取る僧侶の鼻のうかみ出で/田中裕明

野鼠も正午を過ぎればみな僧侶/安井浩司

あんず受胎す/海向く四人の僧侶/星永文夫

しやくなげの花や僧侶の皮下脂肪/福富健男

耳から眠る僧侶がいて/しろい椿/星永文夫

猫の子と通夜の僧侶を迎へに行く/福田甲子雄

タイトルとURLをコピーしました