浚渫船を使用した俳句

浚渫船に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

浚渫船を含む俳句例

土用秋風浚渫船の長潜り/杉本寛

大淀の浚渫船や芦の角/今泉貞鳳

音悪き浚渫船の男叫ぶ/三橋敏雄

引鴨に浚渫船は位置変へず/森田峠

朝凪の海に動かず浚渫船/清水盤山

水掴む浚渫船の余寒かな/岡村一郎

残暑の雲浚渫船に人見えず/原子公平

浚渫船にも手を振りて舟遊/吉岡翠生

浚渫船黒く働くクリスマス/内山寿子

北風に浚渫船のあるばかり/五十嵐播水

浚渫船あかき旗たて葦枯るゝ/岸風三楼

浚渫船ゆうぐれ色の錆となる/桜井邦彦

浚渫船不器用芦は芽ぐみそむ/岸風三楼

浚渫船昏れゐて遠き芦火かな/岸風三楼

浚渫船杭つかみ出す十二月/秋元不死男

浚渫船泥吐きつづく菜種梅雨/道川虹洋

はや秋風浚渫船今日ここにゐて/宮津昭彦

時雨るるや浚渫船の鑵火見ゆ/五十嵐播水

浚渫船どぼんと夏の海覚ます/宮川としを

浚渫船東風のわたるにひと黝し/細谷源二

俳句例:21句目~

浚渫船見てゐる昼のビールかな/依光陽子

秋日澄む浚渫船にて髪刈るも/田川飛旅子

曳かれる浚渫船喘ぎ漲るものを宥め/堀葦男

河から夏の月つかみだす浚渫船/磯貝碧蹄館

浚渫船ふねもさびしきたぐひなる/細谷源二

キャラメル色の町あり今日も浚渫船/小林一枝

北風小僧が次ぎ次ぎ跳びのる浚渫船/磯貝碧蹄館

タイトルとURLをコピーしました