夕刊を使用した俳句

夕刊に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夕刊を含む俳句例

夕日に夕刊がきた/山頭火

夕刊が早く来てゐる雛の日/綾子

夕刊に世相険しや冬灯/吉屋信子

夕刊の届く時間よ花卯木/星野椿

病室に夕刊とどく漱石忌/中村明子

法悦の蝉夕刊のとどく刻/中山純子

新鮮な夕刊を買ふ風の中/日野草城

夕刊の早卓にあり日脚のぶ/上野泰

夕刊のなき信州の大夕焼/茨木和生

夕刊のインクの中の福禄寿/曾根毅

夕刊のコラム彩る蕗の薹/大岩光代

夕刊を売る童とありぬ慈善鍋/篠原

夕刊の小説了る守宮かな/小川軽舟

夕刊がくるペン皿に繭一つ/菅原鬨也

夕刊の束投ぐ雷雨熄みし駅/右城暮石

夕刊の鈴より都霧のわくごとき/篠原

夕刊が濡れて届きし巴里祭/川崎展宏

妻の胼偸む夕刊ひろげては/皆川白陀

奈良坂に夕刊遅し月の鴟尾/桂樟蹊子

夕刊で払ふまくなぎ厨口/渡辺たか子

俳句例:21句目~

夕刊一紙蜩と来て遂に暮る/石塚友二

雪晴れ夕刊たたんでゐる/栗林一石路

夕刊に音たてて落つ梨の汁/脇屋善之

夕刊のあとにゆふぐれ立葵/友岡子郷

夕刊を開けば落花一二片/片山由美子

雨寒き夕刊ひらふ燕鳴く/金尾梅の門

遅れ来し雪の夕刊濃く匂ふ/佐藤恭治

講書始の記事夕刊の上欄に/西山惟空

短日の夕刊売にあまたの手/山本歩禅

夕刊一紙蜩と来て正に暮る/石塚友二

水になる夕刊/食卓で傾く/星永文夫

夕刊も手紙も無き日寒戻る/松田淳子

ばら垣に郵便がくる夕刊くる/石黒和子

夕刊が日を載せて来る草の花/鈴木鷹夫

夕刊が来て終りとす草むしり/橋本風車

夕刊の西日の匂ひ胸におく/千代田葛彦

冬の虹うちへ夕刊つきささる/瀬間陽子

夕刊をしごきしごきて桜散る/細見綾子

夕刊は手に白百合は庭にあり/高木晴子

夕刊配り艀の寒き灯にも来て/手島靖一

俳句例:41句目~

春が来る野や夕刊を配り余し/平畑静塔

春泥や夕刊飛んで地に落ちず/前田普羅

汚染を包んで濡れる夕刊紙/国武十六夜

涼しさの風の藪より夕刊来る/鈴木鷹夫

空蝉を包む夕刊が遅れてゐる/攝津幸彦

花の夕刊谿橋わたり配らるる/宮武寒々

夕刊におさへて殺す百足虫の子/富安風生

夕刊配りは雪の蝙蝠軒から軒/千代田葛彦

夜なべ終へ夕刊ざつと目を通す/高橋笛美

夕刊くる頃/狸くる頃/藪柑子/浦野菜摘

埋火に夕刊その他つねのごと/篠田悌二郎

夕刊の寒さ六林男を逝かしめき/藤田湘子

夕刊を夜更けて取りに出て四日/鷹羽狩行

土間夕焼じやが藷の山夕刊のせ/椎木嶋舎

夕刊を読み尽しけり菜種梅雨/岩淵喜代子

兄亡くて夕刊が来る濃紫陽花/正木ゆう子

夕刊を読む秋の灯をともしけり/吉屋信子

夕刊の投げこまれたる繭の山/米沢吾亦紅

ただならぬ事件の夕刊大みみず/水野健太

雛の間に投げ込まれたる夕刊よ/岸本尚毅

俳句例:61句目~

青枇杷や夕刊が来る路次の幅/大峯あきら

夕刊をとりて山椒の芽をとりて/高野富士子

夕刊つく駅や秋桑立つばかり/長谷川かな女

浮浪児や凍てし夕刊はしやぎ売る/原田種茅

夕刊のすでにでゝをり花の昼/久保田万太郎

雨が傷めた少年の肩突込む夕刊/林田紀音夫

おでんの湯気忙しげ夕刊折る音に/香西照雄

たらの芽の苦みをつつむ夕刊紙/射場ツヤ子

束ね髪のこんな人生へ早い夕刊が届く/鈴木常子

ビラの墨がまだ乾かない雪の夕刊売/栗林一石路

きたない子とされて夕刊売つてゐる/栗林一石路

銀座八丁つきてアカハタ及び夕刊買う/橋本夢道

どれにも日本が正しくて夕刊がばたばたたたまれてゆく/栗林一石路

タイトルとURLをコピーしました