夕明りを使用した俳句

夕明りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夕明りを含む俳句例

蘆の中葉月潮満つ夕明り/稲村

柚の花や雨の雫も夕明り/飴山實

夕明り水輪のみゆる泉かな/草城

夕明り麦笛既に朧めき/河合凱夫

きりん草一叢ごとの夕明り/石原歌

浜木綿や灘も岬も夕明り/杉崎あさ

鴨の波夕明りしてひろごれり/素十

見付たる菫の花や夕明り/夏目漱石

柿赤し機織る窓の夕明り/幸田露伴

海霧沖に退き残る夕明り/高濱年尾

凍蟻の思ひつめゐる夕明り/北光星

麦秋のなほあめつちに夕明り/素逝

甲斐一之宮花桃の夕明り/中楯貞女

潮に泛く鴨の羽がひに夕明り/奏鳳

落雷を見にゆく蒲の夕明り/外川飼虎

鷺草のほとぼりさめし夕あかり/原裕

流氷の沖にとゞまる夕明り/唐笠何蝶

人居らず枯桐にある夕明り/室生犀星

牡丹はや力抜けゐし夕明り/清水基吉

白玉や遠雲のこす夕あかり/中村信一

俳句例:21句目~

福音の書にリラ匂ふ夕明り/加藤春彦

花胡桃泛かべて瀞の夕明り/下田雄次

花黄楊にまだ少しある夕明り/東早苗

塀の根に冬薔薇一つ夕明り/水野草坡

塩ふつて瓜匂ひたつ夕明り/千手和子

夏山や山も空なる夕明り/芥川龍之介

落鮎追ふ四万十川の夕明り/樋富喜美

蓼の花揺れゐて海の夕明り/澤村昭代

夕明り恋うて高きへ枯野虫/鈴木花蓑

夕明り葱の刃当りさくさくと/はつ女

山茶花の花も末なる夕明り/小澤碧童

嵐山の夕明りなほうす紅葉/高濱年尾

常着で佇つ種苗店の夕あかり/桂信子

みほとけに鷭鳴く沼の夕明り/大山百花

桜植ゑて母の初七日夕あかり/奈良文夫

河童忌の夕明りに乱鶯啼けり/内田百間

蕎麦の花丘つづきなる夕明り/中川宋淵

秋水の響くあたりの夕明り/成瀬正とし

火石榴や屋敷を浮かす夕明り/内田百間

一隅にさんざし咲かす夕明り/東郷清治

俳句例:41句目~

元日やお茶の実落ちし夕明り/渡辺水巴

玉葱がるいるい土間の夕明り/飯島匂川

瑠璃鳴くやなほ林中の夕明り/戸川稲村

夕明りの山襞のどこ神楽笛/加倉井秋を

邯鄲や山みづの曳く夕あかり/荒井正隆

銀杏もみぢして公園や夕明り/石塚友二

雨にぬれし花大根の夕あかり/田中冬二

雪吊りの縄の香に憑く夕明り/飯田龍太

馬鈴薯の花にしばらく夕明り/天沼茗水

硝子戸に夕明りなる蠅あはれ/室生犀星

松過ぎの街となりをり夕明り/金箱戈止夫

胡麻を炒る比良八荒の夕あかり/赤尾恵以

船霊もくらげもゆれて夕明り/宇佐美魚目

茶が咲いて鳥獣戯画の夕明り/松本千鶴子

萩刈つてからりと冴えぬ夕明り/渡辺水巴

梅の実や一つびとつの夕明り/長谷川春草

白描の寝釈迦をろがむ夕明り/赤松けい子

虹の尾の湖に落ち込む夕明り/稲垣きくの

蛍くさきひとの手をかぐ夕明り/室生犀星

われとわが閉めし障子の夕明り/中村汀女

俳句例:61句目~

をやみなき雪を剣岳の夕明り/金尾梅の門

雨すでにやむまじき梅の夕明り/斎藤空華

オラショめく蟇の合唱夕あかり/朝倉和江

ルオーセザンヌ山桜いま夕明り/飯田龍太

千鳥翔つきさらぎの洲の夕明り/長谷川双

夕あかり乱入してくる鳥と十名/阿部完市

虹きえてやがて地虫の夕あかり/百合山羽公

柚子の花こぼれしあたり夕明り/城戸和喜子

一つ家のまはり蕎麦咲く夕明り/仲村美智子

枸杞垣やいつち芽ぐみし夕あかり/富田木歩

散りてなほ松の花なる夕あかり/加藤知世子

身を洗ふごとく地虫の夕あかり/百合山羽公

法要とどかうりなく終り夕明りに座る/大橋裸木

花柊の白昏れのこる夕あかり彼の世からわれは覗かれゐたる/引野収

タイトルとURLをコピーしました