娶るを使用した俳句

娶るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

娶るを含む俳句例

蛇ひそむ大地太陽娶る冬/原裕

金網にならぶ雪鳥娶る家/宮坂静生

齢来て娶るや寒き夜の崖/佐藤鬼房

娶る夜の行方や雪も暗く降る/三谷昭

娶る子に尽し終りの黴払ふ/岡田和子

娶る子に渡す臍の緒四月尽/池田博子

娶る日に冬の蓬が萌え易し/萩原麦草

寒徹骨梅を娶ると夢みけり/夏目漱石

沈丁花雪すこし積み娶る家/宮武寒々

秋蝶の紋くつきりと娶る日よ/阿部豊

蓁々たる桃の若葉や君娶る/正岡子規

蓁蓁たる桃の若葉や君娶る/正岡子規

雪渓を天に懸けたり娶る家/木村蕪城

娶る日の山茱萸風を知り尽す/佐野鬼人

娶る日の春泥に藁惜しみなく/竹本白飛

娶る灯の二夜更けゆく花林檎/樋渡瓦風

娶る灯へ春の川波ひた押しに/大坪重治

手に熱き穂麦や今宵娶るべく/岸本尚毅

明日娶る人へ募れや夜の野分/品川鈴子

百姓の猥歌の中に吾が娶る/冨山としを

俳句例:21句目~

仮の世に娶るや遥かなるきつつき/山口剛

娶るまで曲折もあらむ蜷のみち/福永耕二

紙漉の濡れ手そのまま娶るべし/辻田克巳

娶る人連れて遅歩たり女郎花/長谷川かな女

娶る賑ひ独活も二番芽掘られけり/久米正雄

稲架の上に雲あそばせて娶る家/猿橋統流子

もう娶るなし湯たんぽのあばら骨/藤田あけ烏

娶るべしキツネノカミソリ科のおんな/豊口陽子

タイトルとURLをコピーしました