鬼面を使用した俳句

鬼面に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鬼面を含む俳句例

花神楽鬼面に動く喉仏/三浦晴子

三寒の鬼面とまがふ釣り/河野南畦

祭鬼面を外して薬飲む/長谷川青松

秋祭鬼面をかぶり心も鬼/山口誓子

ひよんどり鬼面外せば優男/山田紫水

冬旱鬼面に髪のわづかあり/鈴木鷹夫

壬生踊鬼面の紐をしめ直す/山田耕子

夫立つや炎昼黒き鬼面山/加藤知世子

妻無しの鬼面を映す寒の闇/石原八束

峡空の凍て日輪に鬼面嵌む/友岡子郷

父と見し紅葉の極み鬼面川/川崎展宏

節分の鬼面福面真理出でよ/巌谷小波

鬼は遺り鬼面瓦は愛蔵す/百合山羽公

一刀彫鬼面に雪の暗むかな/冨田みのる

父と見し紅葉ぞしるき鬼面川/川崎展宏

節分や暗がり坂を鬼面の子/中村外紀子

鬼面とて翳れば愁ふ秋灯/鍵和田ゆう子

鬼面にも大小のあり壬生念仏/中原一樹

児が眠る寒夜の鬼面あほむけに/鈴木稲花

白息のかつかつ鬼面をどりかな/矢崎良子

俳句例:21句目~

秋の暮鬼面かむれば何見えむ/八牧美喜子

肉づきの鬼面をはがす報恩講/森本青三呂

鬼面よりのぞく目が燃ゆ大焚火/橋本榮治

太鼓打つ月に鬼面をのけぞらせ/大星たかし

日闌けてはよよと陽長ふ鬼面岩/下村ひろし

鬼面より息を漏らして追儺の鬼/橋本美代子

鬼面となり仏相となり夜霧の工夫/加藤知世子

鬼面つければ暗い湖底の音が聞こえる/飯島翆壺洞

タイトルとURLをコピーしました