未明を使用した俳句

未明に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

未明を含む俳句例

冬未明流星群と墓石群/落合水尾

寒雷の未明一喝裏日本/鈴木栄子

業苦呼起す未明の風鈴は/石田波郷

夏未明銀坑洞に火を点す/吉田木魂

未明降る病葉広き水の上/高澤良一

露の未明鉄路を汚し女靴/寺田京子

生凍豆腐叩く谺や寒未明/小佐田哲男

枯るゝ野や未明に犯す星の領/原月舟

鴨の川の未明や獄の時計塔/松村蒼石

春や未明の卵と卵との接点/池田澄子

未明音皆駆くる音蜥蜴さヘ/橋本鶏二

天皇誕生日未明に鮨を匂はしめ/林翔

寒未明生者の音の始まれり/三好潤子

短命の墓や落葉は未明降る/中山純子

赤腹や未明の出湯に顎沈め/石川桂郎

銀漢や砂丘砂散る未明音/鷲谷七菜子

雲未明火山の蒼し芽木の中/川村紫陽

頬赤や夢まだのこる未明行/堀口星眠

夏立つや未明にのぼる魚見台/高田蝶衣

うすうすと祭の未明石楠花に/古舘曹人

俳句例:21句目~

父の死や未明の雪の嵩なさず/菖蒲あや

月未明瓦礫目覚めてゐたりけり/松澤昭

さくら咲く方へ未明の道選ぶ/横山房子

未明覚め汝に栗飯を汝の忌なり/及川貞

未明書くカルテに年の改まる/相馬遷子

息の緒よ未明は物の響きせり/高柳重信

病室の隅の未明やアマリリス/石田波郷

登山衆揃ふ橋上の未明かな/金尾梅の門

白扇は未明のごとし何書かむ/丸山海道

新涼の雨ともなひし未明かな/荒井正隆

紺を紺とし翔ぶ白鳥の未明音/栗林千津

水仙に蒼き未明の来てゐたり/島谷征良

星辰に潮鳴りやまず未明の蛾/木村蕪城

水中花咲き定まれる未明かな/東條素香

母みとる未明の銀河懸るなり/木村蕪城

夏未明音のそくばく遠からぬ/野沢節子

遠足へ未明の声の誘ひ合ふ/中村草田男

火の如き山ひぐらしの未明かな/柚木紀子

父の日の未明犬掻きにて渡る/宇多喜代子

ひしひしと切子一つに未明降る/小池文子

俳句例:41句目~

カーテンを引けば未明の雪の街/山本歩禅

一羽ずつ殺す雪の未明の鶏の声/寺田京子

百合の香に近く未明を愛されし/寺井谷子

冷蔵庫の未明の音や梅雨ふかく/行方克巳

初経のもろ手も凍つる未明かな/原田浜人

実柘榴も未明の父も査として/宇多喜代子

寝返れば未明しはぶく森の雉子/堀口星眠

未明より海も動きて鴨啼ける/百合山羽公

捨て萱焼く未明湖北の大事な火/伊丹公子

夏未明風にほとけのかよひ入る/野沢節子

梅雨ひぐらしの哀調南谷未明/殿村莵絲子

かいつぶり未明のこゑは咲くやうに/中田剛

ひつじ田に深酔いの誰かいる未明/児玉悦子

未明音かなでてゆまり春立ちぬ/赤松けい子

冬未明アルミニウムとつぶやけり/五島高資

夏未明の風にほとけのかよひ入る/野澤節子

手さぐりは未明の昏さ海女沈む/長谷川秋子

死はそこに未明のメリーゴーランド/徳弘純

霧はゆたかにはやし未明の杉林/柴田白葉女

霧未明栗鼠の総身ふくらみ飛ぶ/加藤知世子

俳句例:61句目~

創痛や速度音絶え未明の霧/赤城さかえ句集

佗音寂音の添水未明の止観組む/加藤知世子

馬は未明の泉のむ鈴りんりんと/加藤知世子

未明すでに溲罎は見ゆれ水鶏叩く/石田波郷

未明ささやく雪風遅子に遠い未来/赤城さかえ

柳の道靄あらはるる未明かな/飛鳥田れい無公

梅雨未明なきがらに縫ふもの白し/神尾久美子

君子蘭咲きしよろこび未明なれど/加倉井秋を

夏至の未明は素足の未明遠野ありて/北原志満子

睡い欠伸より未明の枯木幾つも吐き/田川飛旅子

未明の枯草鳴らしやまざり交る犬等/赤城さかえ句集

陰陽師落花のつみを贖ふと未明のそらの薄墨の母/筑紫磐井

タイトルとURLをコピーしました