赤を使用した俳句

赤に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

赤を含む俳句例

赤狐父晩節に過てり/芳賀啓

七浦の夕雲赤し鰯引/正岡子規

桃赤し山の東の古砦/正岡子規

十日目の頂点の赤蕪漬/原田喬

涸川の一むら赤し蓼の茎/鼠骨

梅咲て赤前垂の女哉/正岡子規

梅嫌小粒に赤し初しぐれ/青蘿

薄霞東大寺の赤さ哉/正岡子規

秋灯古川温泉赤濁湯/高澤良一

法起寺の塔赤椿白椿/星野立子

初春や赤装束の牛童/子規句集

反橋や藤紫に鯉赤し/正岡子規

蜆かく妹が赤帯赤襷/寺田寅彦

花活に一輪赤し冬椿/正岡子規

鶴渡る大地の阿呆/富澤赤黄男

両側の竹藪長し赤椿/正岡子規

中元の新聞広告赤刷に/上野泰

赤腹の声の鋭く荘の朝/山口堯

風神も雷神も赤冬桜/鈴木太郎

白椿赤椿幹黒くして/鈴木花蓑

俳句例:21句目~

橙は赤し鏡の餅白し/正岡子規

赤栴檀木性の仏生れたり/昌夏

夕空の濁る赤さや侘助忌/林翔

丸薬の丸盆赤し郭公/浜田酒堂

燕や赤士道のはねあがり/素牛

雛棚や幕紫に桃赤し/正岡子規

赤蕪を一つ逸しぬ水迅く/青邨

神主の赤装束や鞴祭/橋本對楠

子祭や梅まつ宿の赤豆飯/山店

蕃椒手水盥の水赤し/正岡子規

赤菊の蕾黄菊の蕾哉/正岡子規

提灯の短冊赤し山桜/正岡子規

烏瓜滅多に赤し姥の道/齋藤玄

身の秋やあつ燗好む胸赤し/炭太

常盤木の林の中や赤椿/正岡子規

一郷は平氏の裔や赤幟/寺田寅彦

平家方の赤褌や春の風/正岡子規

薄霞南大門の赤さかな/正岡子規

彩どりは京劇の赤寒桜/高澤良一

殿りの秋の赤さや鴉瓜/尾崎迷堂

俳句例:41句目~

灯青く廻廊赤し木下闇/正岡子規

箱庭の南天赤し窓の下/寺田寅彦

思ひ出づる赤人にまで鏡餅/言水

炭田に赤馬彳てり冬没日/三谷昭

万両のひそかに赤し大原陵/青邨

打水や薩摩隼人が赤褌/鈴木吾花

早咲の朝顔赤し五月晴/正岡子規

雪中に焚く枕木の赤焔/右城暮石

赤髯譚菠薐草の赤い脚/末永有紀

春の鳥赤鉛筆の芯太し/下村槐太

春寒し赤鉛筆は六角形/星野立子

鶏頭は茎まで赤し山の風/大串章

赤えいの瞑想感覚尊けれ/安西篤

楊梅の赤夏落葉方円に/高澤良一

雨歇間麦畑赤む向ひ島/滝井孝作

鶏頭の赤が最も暗き庭/山田弘子

春浅き顔々浮ぶ赤鉛筆/林原耒井

万葉の歌の赤駒初硯/布施まさ子

赤領布の石仏五百寒椿/柴田春生

見覚えの赤塀都踊見に/開田華羽

俳句例:61句目~

西洋の草花赤し明屋敷/正岡子規

熱燗や心の内を赤絵皿/星野紗一

朝暾の垣根に赤し初氷/瀧井孝作

苺赤し一粒ほどの平安か/森澄雄

鰻焼き一筋の母赤褐色/青木節子

稻妻や赤猫狂ふ塔の尖/正岡子規

秋雨や赤鉛筆で速達と/星野立子

俤や目鼻かきたる赤蕪/会津八一

草枯れの頃の寒風山赤し/上村占

杉の幹剥げば赤膚冬の霧/中拓夫

赤蕪を吊る粗壁に荒莚/角川春樹

秋薊赤裸の山の照り美し/瀧春一

杉の葉の赤ばる方や冬の暮/許六

村は今夕雲赤し法師蝉/斉藤友栄

蛇の舌まだ赤し秋の風/正岡子規

赤錆の秋篠川に葦垂直/沢木欣一

赤腹や幻のごと街はあり/徳弘純

古佐和や赤菜の中の春の風/馬仏

赤詰草白詰草に勝る丘/高澤良一

虫売の千早赤阪より来る/熊田邨

俳句例:81句目~

虚子椿虚子恋ひ椿赤椿/河野美奇

達磨忌の旭たふとや赤東堂/許六

砂金や流れとどまる赤躑躅/車庸

人声に頬赤少し首かしげ/内野修

わが庭に赤人寝ねよ菫満つ/林翔

連翹や茶室の棟の赤瓦/中川四明

風船も女も赤し門司港/小川軽舟

蓑虫ノ鳴ク時蕃椒赤シ/正岡子規

造化又赤を好むや赤椿/高浜虚子

芍薬の蕾の玉の赤二つ/前田普羅

色糸の赤増えてゐる冬籠/井上雪

国旗又飯店の赤国慶節/高澤良一

赤牛が一枚上手牛角力/高澤良一

花びらの雨粒赤し藪椿/長谷川櫂

夏山や万象青く橋赤し/正岡子規

赤椿盛りは過て小半月/正岡子規

大地這ふ西日に赤し畑苺/原石鼎

添竹を殘して赤し蕃椒/正岡子規

青簾寺は赤板人死なず/尾崎紅葉

葉桜のうへに赤しや塔二重/唯人

タイトルとURLをコピーしました