駅長を使用した俳句

駅長に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

駅長を含む俳句例

会津線女駅長夏炉守る/平山節子

葬列に駅長帽も冬の雨/亀井糸游

駅長の粋な計らひ花氷/高澤良一

晩夏光駅長の椅子新しき/黒川允子

枯芝に置く駅長の赤き帽/松山足羽

秋深む駅長光るホームに立ち/直人

通過駅挙手駅長の毛皮帽/大津希水

駅長の添ひて改札新社員/亀井糸游

単線のホームに駅長菊作り/内海節代

山の蛾の速さ駅長無帽で立つ/朔多恭

嶽秋光駅長駅夫服正しく/石橋辰之助

燕みな帰り駅長だけの駅/曽我部予詩

芝焼いて転任洩れの駅長か/亀井糸游

金筋の駅長混じり雪を掻く/西川朝夫

雪沓の駅長の声が叱咤せり/加藤楸邨

雪踏の駅長鼻を赤くして/佐瀬しづ江

駅長の机の下に茄子の苗/木村里風子

駅長の討入り衣装義士祭/越田美代子

帽置いて田舎駅長夜食かな/池内友次郎

年賀のべ駅長汽車を発たしたる/原育子

俳句例:21句目~

童顔の駅長燕来る日を知れり/福田蓼汀

駅長に松葉牡丹の咲くホーム/今泉貞鳳

駅長の挙手に始まる御慶かな/赤尾恵以

駅長の歩みきこゆる夜霧かな/前田普羅

駅長の糸瓜咲かせて日本海/村上婦美子

駅長の釣場なりけり蕗茂る/長谷川かな女

じつとせず駅長のもつ冬燈の輪/田川飛旅子

駅長の打ちたる水を踏みにけり/上野たかし

駅長兼駅夫が蚊帳から出て来て切符切る/青木健作

タイトルとURLをコピーしました