峡空を使用した俳句

峡空に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

峡空を含む俳句例

初鵙に峡空の紺深まりぬ/藤嶋紫峰

冬桜音を絶ちたる峡の空/柴崎富子

峡空に囁き満たす袋掛/小田島亮悦

峡空に寒星集め雪まつり/神取房江

峡空は雲を離さず朴落葉/山岸珠樹

峡の空二日の星の吹き溜り/滝佳杖

峡空をわたる日輪朴散華/竹久雨町

峡空に一白煙の花祭の果て/友岡子郷

峡空に谺かへすや大花火/鈴鹿野風呂

峡空の凍て日輪に鬼面嵌む/友岡子郷

峡空の星降る如し里かぐら/塩田東邨

寒雲のひねもす坐る峡の空/木下夕爾

峡の空一鳶占めて冬ざるる/河野南畦

峡の空四五羽渡るを鶸と見き/上村占

峡の空急ぐ紅葉の歩幅見ゆ/栗生純夫

峡の空秋燕高くひるがへる/岡本松濱

椋鳥のかたむき渡る峡の空/有泉七種

玉のごと囀る一羽峡の空/深見けん二

秋霖や時に明るき峡の空/小池桑葉子

稲雀からりと晴れし峡の空/小松和子

俳句例:21句目~

峡空へ吹きぬけ杉の花けぶる/山口草堂

稲架匂ふ夜みち峡空離さずに/河野南畦

峡の空押しひろげたる揚花火/能勢俊子

恵那峡の鷹の渡りの須臾の空/高橋柿花

炭竃に日行き月行く峡の空/松本たかし

豆引くやむなしく青き峡の空/相馬遷子

黄落や藍を塗り足す峡の空/吉野トシ子

峡空の一角濡るる土佐みづき/上田五千石

まんさくや遠濁りして峡の空/小笠原和男

峡の空夜はむらさきに星祭る/駒敏郎遠天

落葉舞ふしきりの峡の空晴れて/高濱年尾

飛びそめし蜻蛉に峡の空はあり/清崎敏郎

竹を伐るたびに澄みゆく峡の空/青柳志解樹

楊貴妃桜しろがねを張る峡の空/鍵和田ゆう子

タイトルとURLをコピーしました