ちびを使用した俳句

ちびに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ちびを含む俳句例

ちび筆に俳諧うとし春の風邪

庖丁が見事にちびて沖膾/茨木和生

秋風やちびて短き旅の杖/正岡子規

鶯にちびた頭を並べおり/永末恵子

山冷えて水口祭る燧火かな/松村蒼石

抱瓶を腰に吊して花野ゆく/沢木欣一

ちびっ子の水着姿やつんと尻/高澤良一

ちび墨と我とありけり年の暮/幸田露伴

処女たちびらびらと立ち泳ぎ/江里昭彦

垣の根の黄菊白菊ちびけたる/寺田寅彦

枯草のちびて強きを足裏にす/細見綾子

筆ちびてかすれし冬の日記哉/正岡子規

遼東の霜にちびたるひづめ哉/正岡子規

鮭トバでちびりちびりと男山/高澤良一

ちびし筆湯呑に立てし施餓鬼寺/川瀬清子

ちびっ子の印ばかりの水着かな/高澤良一

ちび茄子の紐きりきりと海女部落/桂半夏

まだ燃ゆるちびし蝋燭宵閻魔/浜井武之助

千年もいきればいいなちび金/金田遼太郎

子規堂の筆のちびたる暑さかな/田中義孝

俳句例:21句目~

枯草がふまれちびゐる道と言ひ/細見綾子

おふくろのちび下駄のこる花石榴/向山隆峰

ちびっこの駆け足ぱたぱた運動会/高澤良一

ちびっ子とポケモンの乗る納涼船/高澤良一

ちびっ子の手に手に金ねぶた提げ/高澤良一

セ口弾く隣人きざはしに氷ちびる/和田悟朗

ちびた鐘のまわり跳ねては骨となる/赤尾兜子

ほとけのざすずなすずしろ父ちびる/坪内稔典

タイトルとURLをコピーしました