五百羅漢を使用した俳句

五百羅漢に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

五百羅漢を含む俳句例

一ツ葉の五百羅漢の岩庇/伊東文女

堂寒し五百羅漢の眼の光/正岡子規

薫風や五百羅漢の幅の反/会津八一

秋の蝶五百羅漢の誰が妻よ/渡辺恭子

秋立つて源義羅漢もおはしけり/鴻司

花合歓に五百羅漢の石頭/伊丹三樹彦

のどかさや五百羅漢の五百態/水田淑子

ラフランス五百羅漢の二重顎/古川塔子

五百羅漢の五百の相や風光る/打海フミ

五百羅漢声あげてをり雪催/蓬田紀枝子

冬日さす五百羅漢に亡父見る/渡部美恵

囀りや五百羅漢のなかに父/伊豆野和子

夜の蝉羅漢五百に相顕はれ/加藤知世子

憩えよと五百羅漢や秋の蝶/角田恵美子

杉の実のま青き五百羅漢かな/細川加賀

猫の恋五百羅漢をはばからず/山本歩禅

苔咲くや五百羅漢の素手素足/橋本榮治

五百羅漢の眠り覚すや木下闇/鈴木久仁江

五百羅漢の笑顔恐ろし冬の昼/大高芭瑠子

五百羅漢ひとり抜け出て落葉焚/田村恵子

俳句例:21句目~

五百羅漢御灯明は松の花なりし/渡辺恭子

十六夜に五百羅漢のひしめける/岡田泰成

夏負けて五百羅漢の端に坐しぬ/奈良文夫

よく来たと五百羅漢がみんみんが/中里晶子

五百羅漢の一体と化し涼みたり/奈良比佐子

春著着て五百羅漢のつむり撫で/深見けん二

五百羅漢に揚羽巡礼くりかへす/きくちつねこ

五百羅漢に一と世の相あり落花の雪/鍵和田ゆう子

タイトルとURLをコピーしました