招魂を使用した俳句

招魂に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

招魂を含む俳句例

子の命孫の命や招魂祭/宮下翠舟

年々の招魂祭の裏の宿/高濱虚子

寒紅梅馥郁として招魂社/高浜虚子

招魂の坊主憎くて水無月/筑紫磐井

牡丹は招魂祭の雨たたへ/萩原麦草

遠近の野は招魂の瓜喰らひ/上田玄

事古りし招魂祭の曲馬團/松本たかし

大テント招魂祭の椅子並ぶ/小路紫峡

弥生尽むらさき帯びし招魂祭/近藤弘

招魂祭さびし風鹿柱なす/富岡掬池路

招魂祭過ぎし山の手線軌る/久米三汀

招魂祭遠く来りし顔と遭ふ/三橋敏雄

招魂祭集ふ戦友五指満たず/佐野克男

春も早や招魂祭のころの雨/富安風生

父と母招魂祭に旅立ちぬ/中村ルツ子

雲やはり流れてゆきぬ招魂祭/大牧広

こと古りし招魂祭の曲馬団/松本たかし

先行の不安は消せず招魂祭/浜名礼次郎

刈りかけし草の断層招魂祭/殿村莵絲子

午砲まで蝉の鳴き降る招魂社/筑紫磐井

俳句例:21句目~

戦死者のうから肩やせ招魂祭/細谷源二

招魂祭われ軍籍をもちゐたり/細谷源二

招魂祭肩で息するもと兵士/きりぶち輝

王氏歌ふ招魂祭の花火鳴れば/西東三鬼

蕗の傘まだ稚なしや招魂祭/鳥羽とほる

星生れぬ招魂祭の花火のあと/加倉井秋を

長きほど薄き「のしいか」招魂祭/北野民夫

ここにも歳月山気も灼けて招魂碑/平井さち子

招魂祭濡れたる雨後の砂利を踏む/磯貝碧蹄館

タイトルとURLをコピーしました