露店を使用した俳句

露店に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

露店を含む俳句例

境内に露店の迷路初大師/岡良子

露店の大傘や夕しくれ/正岡子規

露店や茄子に水打つ夜の色/篠原

蓮田から露店支へし露の棒/飴山實

露店の傘負け顔や五月晴/正岡子規

黄塵や銭を泉の露店板/百合山羽公

初午の露店気になる五平餅/伊藤萬泉

声高な露店の地割り小晦日/川澄祐勝

放生会露店にあめ湯飴の綿/岡登志夫

木枯や露店のの目の乾き/五領田幸子

門前に露店の地割り甘茶寺/吉村馬洗

雀蛤となる江の島の露店かな/辻桃子

人波へ湯気吐く露店初薬師/加藤風信子

佃囃子や露店は刻む音を高め/古沢太穂

冬の日の露店のうしろ渡るなり/岸田稚

手順よく露店かたづく大夕立/斉藤静枝

晩夏なる露店にギリシャ悲劇集/石寒太

福寿草膝に日を乗せ露店翁/百合山羽公

薬莢も露店に並び沖縄忌/伊舎堂根自子

露店市あとかたもなき白夜かな/森田峠

俳句例:21句目~

露店立つ前を走り根秋まつり/皆吉爽雨

客に酔い露店に酔いし御祭り/松村小夜子

摩利支天の露店の上や春の月/長谷川かな女

果て弘法露店にモネもセザンヌも/本橋康子

秋風の露店の剃刀の味を見てゐる/大橋裸木

萩の花こぼして露店組まれゆく/すずきみちお

露店パチンコ童等は皆柿食ひつゝ/米沢吾亦紅

人去つてぽかりと寒き露店かも/飛鳥田れい無公

わが買へば露店暮れきる寒さかな/飛鳥田れい無公

タイトルとURLをコピーしました