桂郎忌を使用した俳句

桂郎忌に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

桂郎忌を含む俳句例

桂郎忌天より烏瓜はづす/神蔵器

水底も紅葉を急ぐ桂郎忌/神蔵器

竹叢に竹の影おく桂郎忌/桂久子

この後は桂郎忌てふ枯木立/斎藤玄

常の日の骨に鐘鳴る桂郎忌/斎藤玄

桂郎忌顔に日を当て旅の中/岸田稚

田の端の竹叢陰る桂郎忌/伊東修愚

神棚に霊芝古びぬ桂郎忌/井口光石

ひともじに同じ雲ゐる桂郎忌/斎藤玄

ひやひやとどこまで渚桂郎忌/岸田稚

剃刀の替刃さがすや桂郎忌/羽田岳水

旅人となりて萩焚く桂郎忌/手塚美佐

末枯の蝗は褪せず桂郎忌/平本くらら

桂郎忌の枯木波郷忌の枯木中/斎藤玄

病床に坐して修せり桂郎忌/高橋銀次

雨粒の桶にのこれる桂郎忌/宮坂静生

鶴川は急行とまらず桂郎忌/草間時彦

十一月六日は雨の親しかり/島谷征良

十一月六日を記す雨とのみ/手塚美佐

冬晴の耳かゆくなる桂郎忌/秋山巳之流

俳句例:21句目~

冬迎ふことの一つに桂郎忌/古賀まり子

柿の葉のくれなゐ拾ふ桂郎忌/市橋千翔

湿布薬あちこち貼つて桂郎忌/吉田鴻司

箸で喰ふタータービーフ桂郎忌/斎藤玄

蕎麦すする音の中なる桂郎忌/徳丸峻二

おこうこと酒あれば佳し桂郎忌/高澤良一

まないたに海鼠のちぢむ桂郎忌/角川春樹

墨青く磨ればしぐるる桂郎忌/古賀まり子

桂郎の忌がくる臍のありどころ/増成栗人

桂郎忌来るをそしりて過ぎにけり/手塚美佐

タイトルとURLをコピーしました