皇居を使用した俳句

皇居に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

皇居を含む俳句例

皇居にも深落葉道陛下の道/誓子

皇居前広場の雨後の蟇/橋本榮治

皇居前東西南北日永人/高澤良一

新緑や皇居名残の霊柩車/渡辺水巴

友引の日暮皇居の水澄めり/鈴木鷹夫

皇居前手を振り歩く日永人/高澤良一

皇居辞し新樹に集ふ祝ぎ衣/藤田貞子

雪解鳥皇居におちて盲かな/萩原麦草

冬霞皇居は水をめぐらせる/大谷碧雲居

初旅や皇居の松を振り出しに/杉原昌子

悴みて瞑りて皇居過ぎゐしか/石田波郷

振りあほぐ鴨に皇居の櫻かな/高澤良一

椋鳥あまた皇居の中に盆栽園/北野民夫

母老いて五月の皇居拝し得ず/萩原麦草

皇居前ペンペン草に巡査立ち/吉浜博太

皇居拝して去る帰還兵日短き/渡邊水巴

秋の夜の皇居につゞく沼澤地/横山白虹

藻の花よ皇居にもこの山の池/瀧井孝作

定家忌へまかる左手の皇居かな/山口誓子

梅の門賀名生皇居と扁したり/大橋桜坡子

俳句例:21句目~

梅匂ふ賀名生皇居のありし跡/中御門あや

歳晩の皇居の松を仰ぐかな/長谷川かな女

皇居てふ不思議な島の曼珠沙華/和田知子

蒲公英が何処にも咲いて皇居内/三谷貞雄

逢ひしのち松の股より皇居見る/嶋田洋一

今われ皇居にあり春灯の下にあり/高濱年尾

千代田区をとぶは皇居の通し鴨/小野草葉子

皇居めぐる子の日の松のたぐひなし/長谷川かな女

貸ボート皇居は蒼き島となり/伊藤鶴子「未来図合同句集」

タイトルとURLをコピーしました