終電を使用した俳句

終電に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

終電を含む俳句例

終電車までの一服暦売/白井爽風

落葉して幾条ひびく終電車/龍太

獣めき終電車馳せ月一つ/川口重美

白秋や少年独り終電車/阿部美代子

終電に間ある雑閙三の酉/石塚友二

終電の寒さ新聞拡げ合ふ/右城暮石

葛飾の月の田圃を終電車/川端茅舎

終電とは締切に似る冬の靄/鈴木栄子

終電はとうに過ぎにし花筏/松本康司

終電や踏みて匂はす忘れ葱/加藤秋邨

終電車寒し編棒りゝと落ち/中島斌男

終電車発ちて夜寒の駅残る/石沢陽子

しぐるるや湯田中行の終電車/田中冬二

埋み火や家ゆすりゆく終電車/石橋秀野

寒柝やしばし扉の開く終電車/守屋明俊

年の瀬や無口を運ぶ終電車/野田まこと

河豚食べて他人ばかりの終電車/牧辰夫

睦月尽終電に鳴る打点鐘/佐々木ゆずる

終電といふ秋の灯のなかにをり/仁平勝

終電の次ぎが始発や去年今年/馬場菊子

俳句例:21句目~

終電車べつたら市のもの香ふ/山下陽弘

終電車待つや佗しき灯取虫/五十嵐播水

終電車過ぎておでんの店残り/綿谷吉男

酔語悔いをり終電車涼しくて/細川加賀

夜鷹蕎麦食べて間に合ひ終電車/飯田京畔

終電車ことばの泥をゆやゆよん/夏石番矢

終電車まだある夜業しまひけり/岩崎健一

終電車掴みしものにある秋風/米沢吾亦紅

品川過ぎいとど舞ひ込む終電車/松崎鉄之介

終電車過ぐアカシアの花の夜/尾崎じゅん木

タイトルとURLをコピーしました