絵筆を使用した俳句

絵筆に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

絵筆を含む俳句例

舷に絵筆洗ふや西祭/越野孤舟

友禅の細き絵筆や春灯/前川和子

絵筆もて描きし如く青芒/高浜虚子

晩学の絵筆の進む夜長かな/高田里江

水仙の傍に絵筆をすすぎけり/中田剛

絵筆にて寒の椿を指しにけり/中田剛

茅舎忌や絵筆洗ひし水に紅/大堀柊花

荷の中に絵筆携へ秋遍路/好崎二三子

菊月や父の絵筆を洗ひやる/野中亮介

冬到来絵筆曲がりて乾きをり/吉本孝雄

大作の絵筆もとり針供養もし/安立恭彦

春寒しむなしき絵筆絵ノ具皿/皆川白陀

桃の実や十年ぶりの絵筆もつ/西脇みん

橋立に絵筆はしらす新松子/長野美恵子

神々を生むは絵筆の座り神/伊丹三樹彦

草の花絵筆の水をきつてをり/嶋田一歩

あたたかや絵筆たづさへ西へ旅/山田弘子

あゐの花絣を好み絵筆とり/村井四四三女

冬ざるる木の實草の實絵筆さへ/高橋睦郎

噛みほぐす仕事始めの絵筆かな/高橋秋郊

俳句例:21句目~

春惜しむ遺品の絵筆軸欠けをり/岩田昌寿

絵筆捨てしわれに美術の秋来れど/上村占

のうぜんの棚かげに持つ絵筆かな/江藤ひで

応挙忌や眠れぬままに絵筆とり/小泉美紗子

梅雨の簷絵筆ころびてかくれなし/小林康治

絵筆の穂ふつくらと立ち日脚伸ぶ/大熊輝一

ががんぼや壺に立つ穂のみな絵筆/川瀬カョ子

枯山のとつてもおしやべり絵筆持つ/小松市子

絵筆もつ君のこのごろの垣の蔓草/栗林一石路

エゴンシーレの絵筆をくべし焚火かな/仙田洋子

タイトルとURLをコピーしました