土の色を使用した俳句

土の色に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

土の色を含む俳句例

紅梅や古き都の土の色/蕪村

直土の色改り蟻の変/下村槐太

土色に光る横顔別れ霜/早乙女未知

名月やしづまりかへる土の色/許六

地雲雀の一生背負う土の色/土井孝

寒肥やひと艶増せる土の色/檜紀代

蟷螂は渋民村の土の色/菅原多つを

土色の蜥蜴流人の墓ひとつ/宮坂静生

秋蝶の土をはなれて土色に/古館曹人

萌ゆる色を耕してゆく土色に/及川貞

人死や雪の融けたる土の色/桑原三郎

猪の昨夜に荒らせし土の色/平山邦子

畑打やや僅に乾く土の色/佐久間法師

蒟蒻玉土の色もて乾くなり/福原十王

日かげれば麦蒔消えぬ土色に/鈴木花蓑

お降りのつくづく深き土の色/宇咲冬男

井守手を可愛くつきし土の色/中村汀女

孕みたる雀がゐたる土の色/榎本冬一郎

日短かや土の色して藁の屋根/成田千空

萩か根や露にぬれたる土の色/正岡子規

俳句例:21句目~

雪ふつて屍に沁みつ土の色/日夏耿之介

まひる野や土色草色のバツタ跳ね/中拓夫

土色の黄昏色の頭ののこれる/富澤赤黄男

ラガー等の土の色はや暮色帯ぶ/宮坂静生

曇る田も春へ急げる土の色/阿部みどり女

蒟蒻すだれ土の色して道せばむ/宮津昭彦

蜂の巣の土の色して生まれたり/宮田正和

蝶とんで黄土の色にまぎれざる/依田明倫

鍬始め一と打ちごとの土の色/矢口由起枝

土色の冬ひしひしと野にきびし/長谷川素逝

むらさき茸夜は土色となつてをり/石脇みはる

タイトルとURLをコピーしました