雑誌を使用した俳句

雑誌に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雑誌を含む俳句例

山守が雑誌に狭む風邪薬/木村蕪城

日本の雑誌溜りぬ竹夫人/山本歩禅

三月の雑誌の上の日影かな/前田普羅

俳諧の雑誌の数や獺祭忌/楠目橙黄子

北風や夜店尻なる古雑誌/五十嵐播水

新年の部厚き雑誌未婚姉妹/右城暮石

流れ浮く週間雑誌梅雨の川/京極杞陽

雑誌はや二月号なる蔵開き/石塚友二

傘さして雑誌読みゆく春の雨/野村泊月

埋火や子規の句さがす古雑誌/内田百間

夜長かな蛍雪時代といふ雑誌/天槻和木

山雀のをぢさんが読む古雑誌/高浜虚子

薄き雑誌購ひ戻るあたゝかし/相馬遷子

雑誌の見出しの蜜柑の汁沁み/小澤碧童

古雑誌惜しみて積みて青木の実/遠藤梧逸

山がらのをぢさんが読む古雑誌/高浜虚子

年頭句厚き雑誌を割って読む/百合山羽公

支倉忌カタログ雑誌流行りけり/鈴木栄子

春近し丸めし雑誌に肩たゝかれ/川口重美

磯かまどフアッシヨン雑誌焦げ残り/嶋田

俳句例:21句目~

雑誌投げて焚火ゆたかや寮を去る/金子潮

ぶらんこの子の母若し雑誌を手に/原田種茅

回覧雑誌を換へる窓のサイネリヤ/喜谷六花

避暑楽し読まぬ雑誌を借りもする/岩田由美

薄い雑誌が靴箆がわり雪降り出す/鈴木六林男

主婦の手提にキャベツと雑誌湿りあふ/津田清子

姉妹椎の実たべて東京の雑誌よんでる/尾崎放哉

菊に解いて今朝つきし雑誌明るさよ/大谷碧雲居

霧の夜遠くまで雑誌買ひに二人で出る/大橋裸木

屋根の雀に女工らの一人二人雑誌よんでゐる/栗林一石路

タイトルとURLをコピーしました