満天を使用した俳句

満天に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

満天を含む俳句例

満天のひととき近し田植後/玄

満天に星降り来ると初便/中岡利子

満天の星に旅ゆくマストあり/篠原

満天の星の中なる天の川/高木晴子

満天の星を支へて枯木立/横原律子

星満天雁わたるべき道もなし/中勘助

涯まろき満天の星吾子生るる/三谷昭

満天に不幸きらめく降誕祭/西東三鬼

満天の星が響くよラムネ玉/田中哲也

満天の星の一つを見て寒し/行方克巳

満天の波羅蜜の世の樟若葉/鈴木太郎

満天の雪に舟出す葦間かな/野村泊月

満天を怖るる鹿のをとこかな/斎藤玄

赤富士に露の満天満地かな/富安風生

年ゆくと満天の星またたける/福田蓼汀

慈悲心鳥満天の楢萌えほぐれ/堀口星眠

月出づと満天の星黙しけり/粟津松彩子

橇がゆき満天の星幌にする/橋本多佳子

満天の星に会陽の垢離をとる/角南旦山

満天の星に引鴨たぢろがず/中村まゆみ

俳句例:21句目~

満天の星墜ちてくる寒夜かな/古屋貞子

満天の春星ねむるけもの達/柴田白葉女

満天の枯野の星のみなうごく/松本浮木

満天の星へかはづのこゑ畳む/長谷川素逝

藤の葉の満天にあり散りはじむ/古舘曹人

手繰り寄せ木槿を截るや梅雨満天/宮武寒々

星満天まだ若き同志らのいたわり/古沢太穂

独活買つて提げ満天に貼りつく星/田川飛旅子

友よと告ぐる死やひびきあう星満天/栗林一石路

満天の星消ゆるまで空磨く労働の中身たれも穢して/田島邦彦

満天の星ひびき合ひわがための鎖となりて落ち来る怖れ/角宮悦子

タイトルとURLをコピーしました