忌みを使用した俳句

忌みに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

忌みを含む俳句例

康成忌むかし浅草紅団/富安風生

妹忌むや幾重の露に万の虫/齋藤玄

花の中切り札掌にし忌む/加藤郁乎

半夏生ひと忌む性に悔のあり/及川貞

朝顔も夕顔も忌み給ふなり/京極杞陽

松蟲も鈴蟲も忌み給ふなり/京極杞陽

蜩の夜明けを怖れ夕を忌む/林原耒井

鰭酒や停年てふは忌み言葉/草間時彦

原爆忌むき出しに干す布団綿/木田千女

彼岸花忌みてはみれど美しく/河野南畦

忌みあけの目を大切に冬の虹/長谷川双

日蓮忌むらさき帯びて橋灯る/山崎靖子

春寒う花の明るさ忌みにけり/富田木歩

暑き夜はの如臥て耶蘇を忌む/岩田昌寿

潮二重八月を忌み月とせむ/宇多喜代子

刻々の朧死を忌み死を見詰め/千代田葛彦

実南天眉間につけて虚空を忌む/夏石番矢

後悔のみたびは忌みぬ羽抜鶏/河野多希女

忌みてなお氷室の闇を忘れかね/大庭紫逢

忌むなかれ樒は咲いて雨の中/星野麥丘人

俳句例:21句目~

濡るゝもの柳の糸も忌みたまヘ/林原耒井

病む妹に夜気忌みて鎖す花あやめ/富田木歩

籠ギスの夜鳴きを忌みて放ち鳧/金尾梅の門

忌み明や花咲きそろひ冷えそろひ/鷲谷七菜子

老いてなほ忌む予備校の冬の匂ひ/田川飛旅子

雪を忌み霏々と云ふ語を厭ひけり/相生垣瓜人

雷鳴や病んで白蛾のかげを忌む/飛鳥田れい無公

鴨の声またの風邪忌む早寝かな/飛鳥田れい無公

眼を病んで梅雨いとぐちを忌みにけり/河野多希女

亡き人に添ひもそはずも生きのびて今年三十三回忌忌み骨洗ふ/若山喜志子

タイトルとURLをコピーしました