気球を使用した俳句

気球に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

気球を含む俳句例

春天や影を流して軽気球/鈴木花蓑

汗若き鉄工に浮き黄の気球/徳弘純

光失せし気球は天の鍵穴か/横山房子

対岸の気球ふらつく建国日/山内靖子

沖に出て気球虹色卒業期/小野恵美子

秋高し綱は気球をつなぎとめ/菅裸馬

軽気球銀杏黄葉の蔭になり/鈴木花蓑

みごもりし腹も気球も秋の暮/仙田洋子

冬暖のおりゆく気球黄色なり/横山白虹

屋上の気球炎天の海遠望/長谷川かな女

草刈婦など乗せ給へ気球船/磯貝碧蹄館

ひつじ田に気球不時着かも知れず/巻良夫

うらゝかや空に留まれる気球船/鈴木花蓑

下萌の野より生まれし気球かな/中里北水

夏痩せを気球の影のとほりすぐ/大石雄鬼

夕景や降ろす気球のあたま一つ/三橋敏雄

明治節たからかに晴れ軽気球/成瀬桜桃子

炎天や耳を削がれし気球たち/磯貝碧蹄館

草の芽や気球に乗る子募集中/森山いほこ

ゆがみつつ晩夏の気球降されぬ/石田あき子

俳句例:21句目~

初なつの気球に笑窪ありにけり/磯貝碧蹄館

土手に杭打込み気球あげている/津沢マサ子

春の気球こころのこして戻りたる/木下夕爾

気球二つを結びてありぬ冬の草/磯貝碧蹄館

気象探測気球放つも夙に鷲の天/平井さち子

気球なり、あゝ現身のゆれんとす/富澤赤黄男

エリツクサティを聴きて六月気球の空/小池文子

気球とねむらず北ドイツ人フォークト教授/阿部完市

ここ草原から都会の憂鬱が見えている気球/栗林一石路

軍旗に手向うなの気球に北風の吹きつけている風景/栗林一石路

タイトルとURLをコピーしました