消しゴムを使用した俳句

消しゴムに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

消しゴムを含む俳句例

消しゴムと鉛筆の机蓬餅/瀧井孝作

消しゴムや麓の川を川蒸気/攝津幸彦

鰯雲子は消ゴムで母を消す/平井照敏

消しゴムでなぞつた分だけ風光る/泉碧

消しゴムの方向音痴一茶の忌/雨宮抱星

消しゴムの消屑をわが掃納め/鷹羽狩行

私を消す消しゴムがない晩秋/栗林千津

山笑う消しゴムでその山を消す/清水冬視

掃初の先に消ゴムまろび行く/秋元不死男

春愁や消しゴムの屑手にあつめ/足立とみ

消しゴムをちぎつて鳩へ落第子/松浦敬親

消ゴムの屑吹きとばし春よ来い/辻田克巳

消ゴムの滓みな長き避寒かな/四ツ谷/龍

消ゴムの魂抜けまろび試験果つ/桂樟蹊子

真四角な消しゴムをのせ受験票/森田公司

秋近き消しゴム急に痩せにけり/松浦敬親

筆入れに消しゴム匂ふ鹿の声/佐々木六戈

紙に掬ふ消しゴムの屑啄木忌/奥谷亞津子

朧夜の消しゴムで消す我が名かな/有馬朗人

消しゴムがもう少し痩せた頃に夏/櫂未知子

俳句例:21句目~

消しゴムは和紙に馴染まず一葉忌/宮崎すみ

消しゴムを借りしかの人かの時間/上野草子

鉛筆折れ消しゴムころげ大試験/成瀬正とし

青梅と消しゴムとよく転がりぬ/正木ゆう子

消しゴムで消せない琉球腹すかす/岸本マチ子

消しゴムは投げ捨ててゆく初潮の日/畑井貴晶

消しゴムを買いためている桜桃忌/たまきまき

入学試験子ら消ゴムをあらくつかふ/長谷川素逝

ささくれだつ消しゴムの夜で死にゆく鳥/赤尾兜子

消しゴムつかえば夏萩の人遠くかすれ/八木三日女

タイトルとURLをコピーしました