足下/を使用した俳句

足下/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

足下/を含む俳句例

春泥の足下堂々出合滝/石川邦照

舌鮃巖の攻防足下より/古舘曹人

秋声や足下の濤をやや恐る/植松紫

煤箒仁王足下の銭集む/河村むつ子

冬銀河活断層はわが足下/上野/良

朝市の足下目遣れば箒茸/高澤良一

足下にて外燈点けり冬の崖/岡本眸

寒といふ百の切つ先足下より/河野薫

岩痩せて足下に秋の水細し/寺田寅彦

春日傘たたむ足下の潮迅し/岸本尚毅

船虫を足下に肌を焙る海女/中村和徳

足下に青田ととのふ信夫山/藤村克明

足下より煌きわたる大氷河/高澤良一

夜振火や足下の草のほのぬくし/林田燿

山寺や足下雲晴れて三日の月/正岡子規

桐油の実や川音足下より来る/大平芳江

梯子より足下りてくる暮の秋/岡地蝶児

母焼きし記憶足下に野分吹く/寺田京子

籐椅子の風は足下の樹海より/井沢正江

お花畠雲を足下に日の出待つ/近藤一鴻

俳句例:21句目~

先生の足下に寝たる涼しさよ/橋本榮治

螢出づ時分そろそろ足下暮れ/高澤良一

出棺に蹤くを足下の蕗の薹/岡本差知子

南無激浪足下の室戸揺れ動く/橋本夢道

外套男女睦む足下に弱き波/田川飛旅子

足下にヒヨコ来鳴くや霧の中/河東碧梧桐

海は見晴らし足下の海は父の墓/高柳重信

まんじゆさげ大千世界足下にす/高澤良一

雲海を足下に身ぬち浮く如し/詫摩まつ子

長城足下養蜂家族がいるわいるわ/金子兜太

げんげ束足下に置きてミサ始まる/加藤かけい

池が足下に日箭ふんだんな午後の桎梏/林田紀音夫

タイトルとURLをコピーしました