藁灰を使用した俳句

藁灰に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

藁灰を含む俳句例

爐開の藁灰分つ隣かな/正岡子規

藁灰の心の熱さも初炬燵/久米正雄

藁灰のひと山熱し昼の虫/千葉皓史

朝日あざやかな藁灰貰ひ/小澤碧童

藁灰に繩のかたちや日短/永方裕子

藁灰を得べき焚火のすぐ終る/林翔

藁灰を踏んで間男帰りけり/仁平勝

藁灰の底の火の色雪嶺星/福田甲子雄

侘しさよ藁灰の中に燻る炭/寺田寅彦

藁灰のぬくみに遠き山河あり/桂信子

藁灰が火鉢に入りしうれしさよ/碧童

藁灰の火のあかあかと雨の雁/福島勲

藁灰の芯のくれなゐ北近江/鈴木鷹夫

藁灰のかろく落ち来ぬ雪の上/西山泊雲

藁灰のごときもゐたり春の猫/友岡子郷

迎火の藁灰のこる茂吉の墓/工藤みのる

藁灰の底のぞきみる雪催ひ/福田甲子雄

藁灰の掌にほこほこと西行忌/福嶋/勲

藁灰にまぶれてしまふ霰かな/正岡子規

藁灰に春月のぼりゐたりけり/菅原鬨也

俳句例:21句目~

藁灰の風立つ庭や三十三才/大須賀乙字

藁灰に火の移りたる秋炉かな/茨木和生

藁灰に風筋見ゆる亥の子かな/岡本高明

山茶花に爐の藁灰も日々なづみ/吉屋信子

くろぐろとふはと藁灰夏炉かな/舩山東子

藁灰を掻き散らす鶏や雪もよひ/富田木歩

炉開きといふも藁灰足せしのみ/八染藍子

詩は快楽眉に藁灰降り来るよ/磯貝碧蹄館

藁灰のなかの炭火まなかより焔す/喜谷六花

そつくりと藁灰になるゆたけさよ/千代田葛彦

藁灰のしめりに散りてゐしコスモス/右城暮石

藁灰ふつくら火をつつみ通夜の夜更けの/大橋裸木

タイトルとURLをコピーしました