商売を使用した俳句

商売に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

商売を含む俳句例

茅葺や枯野の口の小商ひ/桃隣

菜の花や和泉河内へ小商い/蕪村

餅花を飾り女の小商ひ/鈴木邦翠

鶯の付子育つや小商ひ/松瀬青々

大いなる日傘のもとに小商ひ/篠原

幼きに背丈合せて初商ひ/毛塚静枝

葭切や舟着く頃の出商ひ/吉田冬葉

旧正や藁沓も吊り小商ひ/小国三平

日曜も無き商売や春の暮/鈴木真砂女

なにがしの酒も商ひ猟の宿/松藤夏山

人日の水打つてより小商ひ/清水基吉

初商ひ屈託もなく手打かな/飯野一瓶

子の腕の商ひ一途日焼濃し/島村久枝

昼寝せる妻も叱らず小商ひ/高浜虚子

蛸壺を商ひ火山おぼろなり/脇本星浪

商売に本腰入るる七日かな/鈴木真砂女

商売の書き入れどきや単帯/鈴木真砂女

北風や戸をさしかけの夜商ひ/小澤碧童

小商ひ殖えし路地うら鳳仙花/中村苑子

沖霞み漁師相手に小商ひ/阿部みどり女

俳句例:21句目~

自転車を止めていさざの小商ひ/森田峠

藤棚の下に商ひをりしかな/高島みどり

水打つて今日の商ひ始まりぬ/神坂光生

しもたやのにはか商ひ酉の市/藤井青杖子

もろこしを焼く裏阿蘇の小商ひ/岸本蛙声

七夕や子供相手の小商ひ/吉武月二郎句集

灯が点いて寝ずの商ひ羽子板市/高澤良一

秋深し奥に問ひつつ小商ひ/鍵和田ゆう子

逃げやすき秋の日惜み小商ひ/小川真砂二

商売の荷を負うてゆく良夜かな/成瀬桜桃子

片蔭商ひ冷たい冷たいわらび餅/百合山羽公

焼跡も夜寒の橋の出商ひ/碧梧桐句集/河東碧梧桐、大須賀乙字選

タイトルとURLをコピーしました