起き上がるを使用した俳句

起き上がるに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

起き上がるを含む俳句例

夕落葉起き上る音転ぶ音/村越化石

道端の犬起き上る梅の花/川崎展宏

春光を押し返し牛起き上る/大熊輝一

秋風や蟷螂の屍骸起き上る/内藤吐天

起き上り上手を選び福達磨/腰川瑛子

起き上り又倒れたる落葉かな/上野泰

初露や猪の臥す芝の起きあがり/去来

起きあがる風倒樹より秋の風/岸田稚

春立や誰も人よりさきへ起き/上島鬼貫

昼寝の児起き上りたる瞬かず/原田種茅

起き上ることを許され桃喰ぶ/西村和子

石蕗の茎起きあがり水ぬるむ/室生犀星

黄落や骨相の沼起きあがる/増田まさみ

大地より起き上がらんと残る菊/小路紫峡

梅咲くや剣に仗つて吾起き上る/正岡子規

炉火刎ねて寝てゐし男起き上る/高野素十

起き上り落葉ころがり行きにけり/上野泰

五月雨や起きあがりたる根無草/村上鬼城

大地より起きあがらんと残る菊/小路紫峡

春嶺の脈うつを蹴り起きあがる/加藤楸邨

俳句例:21句目~

漸くにまた起きあがる吹雪かな/夏目漱石

車内みな起きあがりたる寒さかな/龍岡晋

ほそぼそと起き上りけり蕎麦の花/村上鬼城

急に起き上りてボート漕ぎはじむ/美馬風史

踏みてすぐデージーの花起き上る/高浜虚子

起きあがる牡鹿もう角伐られゐて/右城暮石

起きあがる菊ほのかなり水のあと/松尾芭蕉

ふらふらと死にゐし風が起き上る/相生垣瓜人

昼寝より身をふるはせて起き上り/成瀬正とし

捨て置きし草起きあがる梅雨入かな/戸田トミ

旅びとが起きあがる影もおきあがる/富澤赤黄男

タイトルとURLをコピーしました