古畳を使用した俳句

古畳に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

古畳を含む俳句例

網代笠懸かる竹秋古畳/倉橋羊村

ふぐ汁や鍋のかたぶく古畳/猫帳

下萌に置く古畳南吉忌/長村雄作

鯛や身を横たふる古畳/前田普羅

古畳ばさと音して竃馬/佐藤至朗

灯すや月光失せて古畳/清原枴童

朝夕に座右の冬光古畳/飯田蛇笏

尻の跡のもう冷かに古疊/正岡子規

横たへし七夕竹に古畳/高橋淡路女

竹秋や西日に掃いて古畳/野村泊月

蠅が来る冬の朝日や古畳/羅蘇山人

雪くると湿る古刹の古畳/前山松花

棚に余る雛やならぶ古畳/正岡子規

古畳いとひはらばふ裸かな/下村槐太

古畳団扇に虫をおさへけり/正岡子規

古畳拭きひからする祭かな/森川暁水

吾とこの火鉢にくぼみ古畳/亀井糸游

寒の餅切る日あたりの古畳/松村蒼石

尻焦げし柚味噌の釜や古畳/子規句集

枇杷の花薄日さす寺の古疊/鵜沢四丁

俳句例:21句目~

端居してうしろ何なき古畳/石川桂郎

竹の春茂吉寝起きの古畳/阿部月山子

残る蚊の声のまぎるる古畳/大熊輝一

蛙鳴くや我が足冷ゆる古畳/富田木歩

なほざりに団扇白しや古畳/楠目橙黄子

古畳より躬をおこし秋と思ふ/菖蒲あや

羽子一つはなやがすなり古畳/清水基吉

賀状書きならべていよよ古畳/浦野芳南

霜焼をこすり歩きぬ古畳/長谷川かな女

春の夜や子をあゆまする古畳/長谷川春草

霜やけをこすり歩きぬ古畳/長谷川かな女

灰の火や夜は目につく古畳/一茶/文化二年乙丑

月に照り枯生のやうな古畳さみしき母と坐らぬか子よ/森岡貞香

タイトルとURLをコピーしました