野面を使用した俳句

野面に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

野面を含む俳句例

北へ展く野面の光蛇の光/酒井弘司

盆唄や野面に熱き風の渦/山田みづえ

花遅し野面を葛の仇しげり/遠藤はつ

草笛や野面に吾と友二人/市野沢弘子

野面の日山へ廻りぬ掛大根/斎藤章子

わが野面鬼の目風の目働いて/金子皆子

一月の野面や低く糸を干す/殿村莵絲子

木枯の野面や星が散りこぼれ/相馬遷子

残菊を刈れば野面もひと続き/小林博子

浄土寺へ往来の野面麦黄ばむ/滝井孝作

秋思果て暮るる野面の芯となる/美佐子

稲妻の切つ先に落つ野面かな/中村洋子

空也忌の時雨の通る野面かな/鈴木鷹夫

糸遊の野面に蝶のおどり出づ/江藤ひで

霜強しはらからの声野面這ふ/田中禾青

鵙の晴れ野面石積む小諸城/竹内和歌枝

黄塵の野面の隅に雪の富士/水原秋桜子

くるぶしに野面のぬくみ鳥渡る/手塚美佐

富士見えぬ秋の野面に石斧あり/阿保恭子

父も子も音痴や野面夕焼けて/伊丹三樹彦

俳句例:21句目~

秋の蝉ひたすら野面ゆくごとし/栗林千津

麦の穂の揃ふて立ちし野面かな/正岡子規

元日や金星の野づら火を焚かず/渡邊水巴

思ひきり野づら晴れたる一遍忌/有光令子

賢治忌の野づら石づら遊べるも/清水基吉

曼珠沙華燃えしづまりし野面かな/大橋敦子

このたびも師を恋ふ野分の野面かな/岩田昌寿

稲架解きて野面の末を見なほせり/佐野まもる

稲がかけてある野面に人をさがせども/尾崎放哉

何もかも死に尽したる野面にて我が足音/尾崎放哉

曼珠沙華消えてしまひし野面かな/『定本石橋秀野句文集』

タイトルとURLをコピーしました