藁火を使用した俳句

藁火に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

藁火を含む俳句例

茶の花に藁火の埃かゝりけり/麦南

身の裡の藁火が付きし紅蓮/斎藤玄

春暁や藁火あげをる橋袂/金尾梅の門

東野の紅葉ちりこむ藁火哉/正岡子規

白菊にかゝる藁火の埃かな/野村泊月

石垣の菊灸らるゝ藁火かな/芝不器男

秋鰹藁火で焼いて磐城良し/太田/誠

舟小屋に藁火の匂ひ良寛忌/本宮哲郎

雪空や藁火に竹のはしる音/正岡子規

音のして藁火に消ゆる霰哉/正岡子規

潰えゆく藁火にひしと寒の闇/飯田蛇笏

片時雨藁にもえつく藁火かな/長谷川櫂

藁火はや風にゆだねし夕刈田/平子公一

藁火焚く野祭見たり夏の月/大場白水郎

邂逅は藁火にも似て冬日向/福田甲子雄

啓蟄の地にひろげたる藁火かな/松村蒼石

掻きこはす藁火の燠や秋しぐれ/三橋敏雄

月の出て藁火に藷の焼けごろよ/大熊輝一

梅雨寒う藁火埃の素湯すゝる/金尾梅の門

焚き添へてふくらむ藁火遠い母/成田千空

俳句例:21句目~

甘藷焼けてゐる藁の火の美しく/高浜虚子

馬爪を切る藁火どや~と蛾が/大須賀乙字

思慕の火か病馬ぬくめる藁の火か/細谷源二

梅の月に焚きおとろふる藁火かな/飯田蛇笏

燃えおちて煙はたとなき藁火かな/飯田蛇笏

起きぬけに匂ふ藁火や初しぐれ/金尾梅の門

毛虫焼くちいさき藁火つくりけり/川島彷徨子

すぐに燃えつきる藁火や藺を植うる/上田土筆坊

藁火によるみな善人であるがまぬるい/喜谷六花

まつすぐ藁火の焔立つにふりくる雪/安斎櫻カイ子

藁火のほとぼり乾いた馬鈴薯の種が切られた/喜谷六花

タイトルとURLをコピーしました