神官を使用した俳句

神官に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

神官を含む俳句例

煤払ひ神官畳めつた打ち/林徹

花冷や神官走る坂下門/妹尾健

神官が一の矢放つ弓始/秋山青潮

神官の白から白へ更衣/板谷芳浄

秋の虹神官直衣仕立所/塚本邦雄

神官の浅葱の袴掃初め/木村登志子

神官の細脛白し御田植/高久田瑞子

福耳の神官のゐて初戎/大石登志美

神官の笏打つ音も魂鎮め/斉藤史子

神官の家の鶏頭倒れけり/岸本尚毅

神官を霞に加ふ安房の国/松山足羽

神官を待つ一月の造船所/宮本輝昭

背の高き神官にして緑立つ/田中裕明

淑気満つとは神官の黒木沓/加古宗也

須々宮の磯に神官石蓴摘む/前/孝治

神官の妻の眉濃き三日かな/寺井谷子

神官の立つて字を書く在祭/井上弘美

としよりの日や神官の黒財布/櫻木久子

神官に自宅ありけり寒の月/宇多喜代子

神官は鮑なだめてゐたりけり/伊藤敬子

俳句例:21句目~

神官の歩幅にしたがう放生会/上杉竜介

神官の咳き込んでをり鱈供養/小野誠一

神官のスケート履きて湖祓ふ/須賀允子

神官の田舟で来たり津島祭/都合ナルミ

神官の説く史に正す円座かな/青木つね子

神官の足袋はかぬ日は麦を踏む/後藤智子

神官の突きて育てしとんどの火/廣畑昌子

虹くぐり神官ひとり尾根くだる/岡田日郎

神官の沓を凝視めてゐてをかし/文挟夫佐恵

蟻あそぶ神官脱ぎし白緒下駄/鍵和田ゆう子

神官の背を雲這へり山開き/岡田日郎「連嶺」

神官のごはごはくぐる茅の輪かな/蓬田紀枝子

茅の輪匂ふ神官兄弟ほそおもて/鍵和田ゆう子

タイトルとURLをコピーしました