小指を使用した俳句

小指に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

小指を含む俳句例

祭笛高音の時は小指あげ/蓼汀

初詣厄除け塩は小指ほど/小島千架子

小指にも役割のあり毛糸編/大西比呂

枯茨小指の鬱をなめて癒す/渡部愛子

祭笛小指立ちたるとき高音/鈴木鷹夫

茂忌かりん一顆の小指ほど/杉崎初子

風鈴の包み小指にさげ戻る/木田千女

公家塚の小指ほどなる青蛙/伊藤いと子

数へ日の数へて残る小指かな/久保一岩

木枯や小指の傷をかばふ四指/石川文子

火床祭小指なき掌に塩つかみ/菊地龍三

豌豆の筋とる小指立てながら/滝沢冴子

釘のように神経のように小指/阿部完市

雪安居僧あるときは小指噛む/辻本青塔

一つ葉を小指ではじき予後永し/池上樵人

小指ほどのみ仏に逢ひ出開帳/大城まさ子

市に見し今朝の胡瓜や小指ほど/尾崎紅葉

朝寒の小指にぬくみ死ねざりき/川口重美

秋の日に小指のあそぶ長電話/飯野きよ子

蟻地獄小指で突きしほどなるも/西本一都

俳句例:21句目~

青林檎うれしき小指噛みにけり/川口重美

靴ずれの小指の胼胝や啄木忌/松沢佐多子

ぶらんこに触れて小指の堅くなり/猪原丸申

パンジーや別れに小指からめあひ/高橋勇三

傀儡師の小指の無きを見てしまふ/齋藤朗笛

足袋つゞる小指の当りていねいに/田中政夫

霜焼の小指が過去を覚ましけり/丸田余志子

ミンクのコート着てマヌカンの小指反る/川村紫陽

合歓の葉しごく触れがたかりし君が小指/香西照雄

親指小指舐めては拭く子ヒロシマ過ぎ/五十嵐研三

歌を家具としてベンケイ読みの小指を入れる/加藤郁乎

タイトルとURLをコピーしました