ロビーを使用した俳句

ロビーに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ロビーを含む俳句例

山の湯の宿のロビーに絵蓬/酒井武

ロビーにも脚立働く十二月/山田弘子

七夕の夜の到着ロビーかな/黛まどか

客よせてロビーの遊避寒宿/亀井糸游

歌舞伎座のロビーの隅の花氷/北河翠

郭公や朝のロビーに朝の歌/白岩三郎

鏡餅かざり国際線ロビー/佃/怜恵子

受付のロビー華やぐ初句会/長崎小夜子

待ち合はすロビーの前の造り滝/塙きく

毛皮あひ似たりロビーの立話/行方克己

浜へ出るロビー近道ソーダ水/稲畑汀子

犬曳きてロビー縦断避暑夫人/後藤夜半

迷子の前ロビーの金膨れくる/伊丹公子

逢引のホテルのロビー春の雷/田中冬二

一弦琴ロビーに飾り避暑の宿/上溝かつら

三鬼忌のロビー葉巻の香りして/池田秀水

空港のロビー遍路杖突きをさめ/飯島晴子

オペラ座のロビーさながら毛皮店/木原苑生

ロビーから浜に出て行く海水著/神田九思男

回転ロビー海向くときは冬日射す/山田桂梧

俳句例:21句目~

春陰を配しロビーを引き立たす/後藤比奈夫

立つ朝の驟雨にロビー灯を殖す/殿村莵絲子

菊の束ロビーの椅子をひとつ占む/池田秀水

賀詞交すこけら落しのロビーかな/岩崎照子

ロビー冷房船よりの灯を燦めかす/河野多希女

地球儀まわるロビーで少年の繊い指/伊丹公子

密輸時計の秒音積もるロビーの椅子/伊丹公子

河鹿の声届くロビーにゴムの木睡り/伊丹公子

空港ロビーの対話慇懃に掠める機影/小倉緑村

月下美人のロビーにひらく知らせあり/田中芙美

しぐれよとばかりロビーに人の絶え/久保田万太郎

タイトルとURLをコピーしました