雄鶏おんどりを使用した俳句

雄鶏おんどりに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雄鶏おんどりを含む俳句例

雄鶏よ雌鶏よ今日啄木忌/原田喬

雄鶏の上る框や十三夜/山本洋子

をののける雄鶏一羽春の虹/原田喬

雄鶏の蹴爪鋭き雪間かな/藤木倶子

倉敷の雄鶏書房春日差す/高澤良一

炎天に雄鶏の胸硬く死せり/渋谷道

顔ふりむきし雄鶏や稲光/高柳重信

雄鶏の目のきらきらと青嵐/永野佐和

雄鶏の胸板厚しひこばゆる/丸山靖子

雄鶏や落葉の下に何もなき/西東三鬼

雄鶏の二度は鳴かざる雪催/平子公一

雄鶏の木にのぼりたる斑雪/福島壺春

一羽馴れせし雄鶏の四温かな/池田澄子

寒燈下を行き来の影の雄鶏のみ/竹中宏

建国日雄鶏を追ひかけてゐる/柿本多映

海の旭へ雄鶏叫ぶ息けぶらせ/中島斌男

雄鶏の地べたに睡る安居かな/本井八重

雄鶏と曇天の火を掻きおこす/坪内稔典

雄鶏の鳴きそこなひぬ春の雲/脇本星浪

雄鶏の爪立ちありく寒の明け/工藤たつ

俳句例:21句目~

雄鶏がぱさと羽根うつ油照り/井上真実

火おんどりの焔が隠す盆の月/三宅武子

シャガールの金の雄鶏秋澄めり/永方裕子

折れやすからん雄鶏の首の一箇所/阿部完市

雄鶏がくしやみしてゐる白雨かな/仙田洋子

雑炊を煮るおんどりを視野に入れ/荻田礼子

煌と雄鶏二月はきつときれいである/阿部完市

雄鶏の揺れてゆられて陸はたいせつ/阿部完市

おんどりは尾の遠火事を見るばかり/坪内稔典

火おんどりの種火にからむ火取虫/亀井しげ子

枯れまいとしておんどりは走るなり/田邊香代子

君食おうよ元日から雄鶏がうまいか牝鶏が旨いか/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました