水屋を使用した俳句

水屋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水屋を含む俳句例

寒菊や水屋の水の薄氷/蓼太

春近き濡手に開く水屋の戸/牧辰夫

お水屋の水の一途に鶫鳴く/三宅隆

涼しさに一筋生きて水屋川/松本進

一条の夏日水屋に笑ひ湧く/原和子

父の亡き水屋の上の渋団扇/穴井太

濁流や水屋の闇に飯饐える/牧辰夫

花楓水屋に若き声はづむ/椎橋清翠

花柊散る静かさの水屋窓/石川桂郎

夜食の手とどく水屋の蝮酒/宮武寒々

鞍かけや三日かけて水屋能/井原西鶴

水屋より師匠のくさめ白椿/鈴木鷹夫

薫風や黄鶺鴒啼く水屋の巣/渡邊水巴

雛段の水屋に水のながれる絵/渋谷道

夕影に水屋暗さや風炉名残/桜木俊晃

うぐひすの茶入を覗く水屋哉/松岡青蘿

春の蝿水屋覗いて行きにけり/平石和美

尼寺の水屋に小さき若井桶/小林美冶子

立つひとに暮春の水屋憶昔亭/桂樟蹊子

冷房の水屋の障子しまりけり/後藤夜半

俳句例:21句目~

枸杞の実の彼方に砦なす水屋/前田正治

雪の夜の水屋にこもる檜の香/影島智子

お水屋やはさらほさらと風飾/阿波野青畝

夏萩のいろ解き初めし水屋裏/加藤たけし

雪解水水屋の水舟に水絶えて/文挟夫佐恵

水屋より夜の明けてきし松の芯/長谷川櫂

みどり女忌紫苑水屋に横たへて/蓬田紀枝子

下駄鳴つて水屋ともれり茄子の花/長谷川櫂

伏せるもの伏せて涼しき水屋かな/後藤夜半

涼しさやお水屋にさす木もれ月/金尾梅の門

水屋一つ透くうぶすなの花享けて/成田千空

観音様のお水屋に売る注連飾/阿部みどり女

茶座座右にほしき水屋も二月かな/松根東洋城

タイトルとURLをコピーしました