山鳴りを使用した俳句

山鳴りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

山鳴りを含む俳句例

○山眠る

山鳴と噴煙とある神の留守/西村数

山鳴りが烏貝ほど雫せり/栗林千津

山鳴りの柞の中に癪の神/古舘曹人

鉦叩山鳴熄めばまた叩く/米谷静二

山鳴りの他は聞えぬ干菜汁/小林輝子

山鳴りを常とす村の松飾/大岳水一路

栂風も添ふ山鳴りや霧の中/臼田亞浪

海鳴につぐ山鳴や夜半の秋/米谷静二

滅罪に来しか山鳴り青青と/和田悟朗

葛城の山鳴り夏の明け易く/横山白虹

万緑や火の山鳴りが押しわたる/中條明

三光鳥谷戸の山山鳴き澄ます/高橋芳夫

山鳴に馴れし静けさ蟻地獄/隈元いさむ

山鳴りのゆゆしき裾の代田掻/小西藤満

山鳴りも二日を経たり初不動/飯野燦雨

山鳴るとうちみる妻や橇暗し/飯田蛇笏

火吹竹吹きをれば鳴く雀の子/籾山柑子

葛城の山鳴り月も扉にさゝず/横山白虹

山鳴りの草鞋にひゞく枯野かな/籾山柑子

俳句例:21句目~

車蔵ふ一夜山鳴り聞きしより/桃谷良一郎

山鳴りのあとゆつくりと山ねむる/立原修志

山鳴りの山をはなれず春の霜/菅原師竹句集

山鳴りに追はれて下る芒かな/吉武月二郎句集

山鳴りの浅間のもとの花野かな/阿部みどり女

すこし日が照り元日の山鳴りとなれり/栗林一石路

元日や一系の天子不二の山/鳴雪俳句鈔/内藤鳴雪

タイトルとURLをコピーしました